映画『パッセンジャーズ』感想

パッセンジャーズその真相を、追ってはいけない
★★★

DVD2本目は「パッセンジャーズ」です。
この作品、公開時にはあちらこちらで
「どうせアレなんだろ?」
と言う声が多数聞かれたこの作品。予告で観たストーリー的には
ファイナルでコースターなアレっぽい感じもしますが
衝撃のラストと言われればやはり
タフなハゲ名子役が競演する
アレを誰もが思い浮かべるところ。
しかしアレは○番煎じという感じもしますし衝撃というぐらいだから
もっと捻った展開があるに違いないと見てみましたが・・・
(以下ネタバレあり)










やっぱりアレでした。。・゚・(つД`)・゚・。


とはいえ・・・
実はあまりガッカリしていないのです。
結末は想定の範囲内ですがそこへ至るまでの描写が割りと丁寧に
作られているので結構楽しめました。
特にラスト付近でそのことに気づいてからが良かったというかね。
「犬」や「謎の老人」や「奇妙な隣人」の正体に気づくとこが
すごくいい。こういうのに弱いんだよねぇ。
主人公の○が登場するとこもいい。ちょっと泣きました・・・
全体的に低予算のB級臭のする本作ですがストーリーは
そんなに悪くなかったと思います。
観終わった時に少しだけ心が温かくなる感じでしょうか。
ただ途中の濡れ場は必要だったのかなぁ?w


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
パッセンジャーズ@ぴあ映画生活



スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/01/14 01:54
コメント

管理者のみに表示