Antec Three Hundred ABを買ってみた

去年からケースの特売を狙っていましたが
T-zoneにてAntecケースのアウトレットセールが始まったので
行ってまいりました。
Three Hundred AB(ATXケース,電源別売り) 5,980円
SOLO(ATXケース,黒色/銀色)は7,980円(限定各5台)
Nine Hundred(ATXケース)は8,980円(限定15台)

特に激安というわけではないので急がなくとも売れないだろうと
ゆっくり昼頃秋葉に到着。
案の定全然売れてませんw
とはいえ通常価格より2000円ぐらいお安いのでお買い得には違いありません。
Three Hundred目当てですがSOLOもいいな~とか悩みながらしばし秋葉を散策。
ロボQ
初エロス
クレバリー店頭
クレバリー店頭←5000円なら即買いなんだけどな~

SOLOは夏場のうちの環境ではきつそうな気がするので
やはりThree Hundred ABを購入。
Three Hundred横幅が自動改札とぴったりなのね。あと5mm大きくても通らないw

自宅に戻り早速開封
Three Hundred
予想以上にかっこいい
Three Hundred ABのABとはAll Blackの略で日本限定で内部を黒く塗った
バージョンです。
サイトカタログなどを見る限りはそれ以外はThree Hundredと共通の仕様のはずだが・・・
Three Hundred AB
Three Hundred AB
Three Hundred AB底面の謎の穴が。
これはThree Hundredには無いものです。
これは一体・・・
ケースが入っていたダンボールをよく見ると「SSD」の文字が。
つまり底面にSSD1台を固定できるようになっているらしい。
SSD持ってないからわからないけれど多分。
これはちょっと嬉しい。
Three Hundred AB
フロントはファンが2台設置できる。ここらへんの作りもかなり良い。
Three Hundred AB
フロントパネルの取り外しも非常に簡単で力を入れてこじったりする必要も無い。
Three Hundred AB
サイドパネルは裏側も外れるので作業性も良い。
このケースはドライブ類がネジ止めなんでちょっとめんどくさいかな~と
思っていましたが付属ネジが
Three Hundred AB
このように手回しネジが大量に入っているのでドライバレスで組み立てることができます。

今まで使用してきたケースと比較すると若干スチールの厚みが薄い感じですが
ペラペラした感じもなく結構しっかりしています。
また各部の作りも非常に丁寧でこの価格帯のケースにしては
かなり高級感があります。(内部が黒なので特にそう感じる)
これが5980円ですから非常に満足感が高い買い物でした。
欲を言えば去年の特売で5000円だった時に買いたかったのですが・・・
冷却重視の方のエントリーケースとしてオススメできます。
ただ奥行きが短いのででかいグラフィックカードを挿す
パワーユーザーの方には向いておりません。
そのうち組んだらまた感想を・・・

おまけ
スカイツリー
錦糸町駅から見えるスカイツリー
もうここまで出来たのね。


※ABをAllBlackの略と書いてしまいましたが実は
アブソリュートブラックでした。
恥ずかしい・・・



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/01/09 19:39
コメント

管理者のみに表示