映画『ティンカー・ベルと月の石』感想

ティンカーベルと月の石
★★★
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。


 さて、今年1本目は「ティンカー・ベルと月の石」です。
これはレイトでやってないので映画の日(1日)に観るのがベストということで。
 ディズニーフェアリーズの2作目ということで前作の続編になります。(全4部作)
前作も1/1に観ましたが今回の方が人は入ってましたね。(それでもすいてたけど)
当然ながら小さなお子様連れの方が多かったですが特に騒ぐことも無く
皆さんお行儀良く鑑賞されていました。
ときたま小さいお子様が小声で母親に質問するのも微笑ましい情景です。

ではネタバレなしの感想
 前作と比較すると登場人物の出番がかなり絞られてるのでちょっと
地味な印象。クオリティも前作より若干落ちて予算が低いことを伺わせます。
ただしこのシリーズは映画ではなくDVD用に作られた作品なのでそこらへんは
仕方ないかもしれません。
 お話はディズニーらしくお子様向けのツボを押さえたものになっております。
前半はテレンスがかなりウザイw後半は意外なところもなく普通にめでたしめでたし。
もちろんつまらないと言うわけではありません。
 今回出てくるホタルのブレイズはちょっと「バグズライフ」を思わせるキャラ造形
でしたね。
 作中でよかったのはトロール2匹の会話シーン。
トロールが○○○と言われるのは侮辱なのかwと。
それから「魔法の言葉」
 日本人が非常に多く使うけどアメリカ人はあまり使いたがらない「魔法の言葉」
ここはちょっと良かったですね。
最近の日本人は使わなくなってきていますが・・・・・・
 OPとEDの歌は英語のままでした。前作のエンドロールは好きだったのですが
今回はちょっと手抜きっぽいかな?
 とりあえず新年に観るには心も暖かくなってよいのではないでしょうか。

 
ティンカー・ベルと月の石@ぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2010/01/01 19:28
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
「ティンカー・ベルと月の石」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ティンカー・ベル(メイ・ホイットマン/深町彩里)、テレンス(ジェシー・マッカートニー/細谷佳正)、クラリオン女王(アンジェリカ・ヒューストン/高島雅羅