AthlonⅡX2 250を試した

AthlonⅡX2 250(65w)を7280円で購入。
AthlonⅡは最近発売されたAMDのローエンドCPUで
従来のX2よりも低価格&低消費電力が売り。
パッケージはAM3となります。

ここで現在のAMDプラットフォームを簡単に解説。
CPUは現在AM3がメインですがAM2+も売られています。
メインストリーム~ハイエンド向けとして
PhenomⅡ X2 X3 X4 (AM3)
ローエンド(エントリー)向けに
AthlonⅡ X2 X4 (AM3)
がラインナップされています。
特にAthlonⅡX4は1万円で買えるクアッドCPUとして注目されています。
PhenomⅡとAthlonⅡの違いはL2キャッシュの容量とL3キャッシュの有無です。

そしてマザーとの組み合わせは
マザー:CPU
AM2(DDR2) :AM2○ AM2+△
AM2+(DDR2) :AM2○ AM2+○ AM3○
AM3(DDR3) :AM2× AM2+× AM3○
○・・・載る
×・・・載らない
△・・・マザーによっては載らない
AM2 AM2+CPUはAM3CPUより1本ピンが多いので
AM3マザーのソケットには物理的に挿さりません。

現在使用しているマザーは
ASUS M3A M3A78pro M4A78pro の3枚です。
3枚ともAM2+マザーですがM3AだけなぜかAM3に公式に対応していません。
メーカーのCPU対応表にもAM3CPUは入っていません。
理由は恐らく、ですが M3Aは電源部が弱く高TDP(140w)のCPUに対応していないため、
AM3対応を謳ってしまうと「AM3(140w)CPU載せたのに動かない」といったクレームが
出る恐れがあり、それならばAM3非対応ということにしてしまえ。
ということではないかと。
既に生産も終了しているマザーですからメーカーとしても
新しいマザー買って欲しいということですね。
そんなわけでM3Aは現在載せている5600+で終了かなと思っていたのですが・・・
先日某掲示板にて
「M3AでAthlonⅡX2が普通に動いた」という書き込みを見つけてしまい
ぜひ試してみたいと思ったわけです。
もし動かなかった場合でもM4A78proで使えば無駄になりませんし。

で、M3Aに載せてみた結果は・・・




普通に動きました。
M3Aに取り付け
交換完了
BIOSでも正常に認識しています。
BIOS画面
BIOS画面

Windows画面
X2_250.jpg
X2_250_2.jpg

とりあえずAM3が載ることが証明できたのでこれでマザーの寿命が少し延びたと安心。

ついでにX2 5600+とAthlonⅡX2 250とを比較してみます。
Athlon64 X2 5600+ TDP89w
AthlonⅡ X2 250 TDP65w

PC全体の消費電力を比較すると
5600+→X2 250
アイドル76w→82w
最大131w→117w
となりました。アイドルで上がってるのはタップの精度のせいか
もしくはCnQのバージョンが古いからかも知れません。
最大値は良い感じに下がっています。

CrystalMarkベンチでは
5600+(2.8GHz)
[ ALU ] 20441
Fibonacci : 8172
Napierian : 2890
Eratosthenes : 3314
QuickSort : 6043
[ FPU ] 22207
MikoFPU : 2716
RandMeanSS : 11163
FFT : 4701
Mandelbrot : 3605
[ MEM ] 13706
Read : 4431.07 MB/s ( 4431)
Write : 2689.70 MB/s ( 2689)
Read/Write : 2653.58 MB/s ( 2653)
Cache : 39116.99 MB/s ( 3911)

X2_250(3.0GHz)
[ ALU ] 23988
Fibonacci : 9082
Napierian : 4073
Eratosthenes : 3586
QuickSort : 7225
[ FPU ] 28337
MikoFPU : 2895
RandMeanSS : 17096
FFT : 4623
Mandelbrot : 3701
[ MEM ] 18972
Read : 5718.65 MB/s ( 5718)
Write : 3657.09 MB/s ( 3657)
Read/Write : 3437.96 MB/s ( 3437)
Cache : 61385.86 MB/s ( 6138)

クロックなりに順当ですがメモリ周りが速くなっていますね。
HT3.0が効いているのでしょうか。
今回はAM2+マザーなのでAM3マザーに載せればもっと伸びると思われます。
価格と消費電力は下がり性能は上がるというお買い得なCPUでした。
スポンサーサイト
自作PC | コメント(3) | トラックバック(0) | 2009/09/21 03:09
コメント
貴重な情報ですね。
 M3AでAM3のCPUが載るんですね。
 私もM3Aを使用していて、今後もM3Aを使い続ける予定なので、大変貴重な情報になりました。
No title
ucyuさんコメありがとうございます。
今はAM3のCPUが安いのでそちらから選べるのは助かりますね。
X2 250は旧X2 3000~5000台からの載せ換えとしてもオススメできます。
私もAthlonⅡX2 250にしました
昨日、やっと重い腰をあげ、AthlonX2 3600+から
AthlonⅡX2 250に交換しました。

M/Bは、ASUSのM2A-VMです。

BIOS5001βでAM3対応のCPUに対応したため、これを機に交換しました。

すこぶる快適に動いています。


PhenomX2 555も選択肢にありましたが、webとメール利用が殆どなもので、見送りました。

管理者のみに表示