映画『リズと青い鳥』感想

リズと青い鳥

「リズと青い鳥」

監督 山田尚子
原作 武田綾乃
脚本 吉田玲子
キャラクターデザイン 西屋太志
美術監督 篠原睦雄

4月に公開されてからなかなか観に行けなかったけど上映終了間際になって
やっと行ってきました。すでに上映館は少なかったのですが近場だと
イオンシネマ幕張新都心でやってたのでそこで初鑑賞。
まだ新しい施設なのできれいな劇場でした。
レイトショーでしたが観客は自分入れても10人行かない感じで貸し切りみたいな感じで
観れました。

この作品は「響け!ユーフォニアム」シリーズのアニメ化ですがちょっと変わっていて
原作「北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章 前後編」から傘木希美、鎧塚みぞれの二人の
エピソードを切り出して再構成したものです。原作は全体の流れが二年生になった主人公、
黄前久美子の視点で話が進みますが今作「リズと青い鳥」では久美子視点はばっさりカットして
いますので響け!シリーズとしては番外編というかスピンオフ的な立ち位置となります。
そのためかキャラデザインもTV/映画シリーズとはまったく異なり独特なものになっています。

「響け!ユーフォニアム」版鎧塚みぞれ
響けユーフォニアム

「リズと青い鳥」版鎧塚みぞれ
リズと青い鳥

TVシリーズの主要メンバーはほぼモブの扱いというのが新鮮でした。
また今作のみ監督が石原立也さんから山田尚子さんになっています。
今回の話はTVシリーズと違いすでに原作を読んでいますので結構期待して
観に行きましたが結果としては・・・

大満足です。
山田監督らしい画面作りや演出で新たなユーフォの世界が観れたのが
非常に良かったですね。不満があるとすれば原作を読まない状態で観たかった
ということぐらいですが果たしてこの話は原作読まずにどこまで理解できるだろうか?
という不安も感じました。特にハグシーンは原作読んでないと流れがわかりにくいかも
しれませんね。また本編から切り出したようなカットもありますので今作だけ観た人は
???となるかも。逆に原作読んでる人はものすごく楽しめますがw

一番気になったのは山場である合奏シーンですね。ここは原作の描写が大変素晴らしく
読んでるだけで鳥肌が立つほどの出来でしたがアニメではすべて本物の音で
表現するわけですからものすごく難しいだろうなと。
で、実際にそのシーンを見た感想ですが
大変素晴らしい出来だったと思います。ただ自分はオーボエの演奏の良し悪しみたいなものが
語れるほど吹奏楽を聞いておりませんのであくまでも個人の印象ですがまるで
心に刺さるような演奏だったと思います。
正直ここだけでもリピート鑑賞したいほどでした。

今作はユーフォシリーズのアニメや原作をまったく未見の人にはオススメしにくいですが
それらを見てる人は絶対見に行くべきだと思います。それだけの勝ちがある作品でした。
来年公開になる「響け!ユーフォニアム3」も楽しみです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
リズと青い鳥|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/06/30 18:12
コメント

管理者のみに表示