スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『夜は短し歩けよ乙女』感想

夜は短し歩けよ乙女

「夜は短し歩けよ乙女」

監督 湯浅政明
原作 森見登美彦
脚本 上田誠
キャラクター原案 中村佑介
キャラクターデザイン 伊東伸高

サービスデイということで観てきました。
この作品はフジテレビのノイタミナ枠で高い評価を得ていた
「四畳半神話大系」と同じ原作者・監督・スタッフとなっていますが
ストーリー的なつながりはありません。ただし世界観は共通なので
同じ登場人物が結構出てたりします。
作風としては四畳半~と同じものであれを観ていたなら大体想像できるかと。
湯浅監督といえば「ピンポン THE ANIMATION」や海外の「アドベンチャー・タイム」
にもエピソード監督として参加しており特に今回はアドベンチャー・タイムの
作風に近いものになっております。
これらも事前に見ておくと更に楽しめるかもしれません。

内容的には一応恋愛ドラマ?と言って良いのかわかりませんが
観ているだけでとても楽しめるものでした。
ただ中盤の学園祭でのミュージカルが盛り上がり最高で
その後の見舞いエピソードがやや物足りない感じなのが惜しい。
とは言え全般的にはテンポもよくBGMも素晴らしいので
観て損はないどころか必見と言っていい出来だったと思います。

特に花澤香菜さん演じるヒロイン「黒髪の乙女」が素晴らしく
もっと彼女を観ていたいと思わせます。
四畳半~からの登場人物と言えば樋口氏ですがTV版では藤原啓治さんが
演じていましたが今回は病気療養中ということで代わりに中井和哉さんが
演じていますがそれほど違和感はありませんでした。
小津は前回とはかなり違った役回りで登場しますがそれは観ての
お楽しみということで。

あと入場特典で7ページほどの短編小説がもらえますが「先輩」から「黒髪の乙女」
への手紙という形式で書かれており、映画のちょっとした補完的なものに
なっています。4/15日からは「乙女」から「先輩」への返信というものに
なるようですのでちょうどラストチャンスで貰えましたね。

あと1箇所、川原泉の「笑う大天使」が出て来るシーンがあって
ちょっとニヤリとしてしましましたw
本好きな人には非常に楽しめるシーンも有り恋愛物と敬遠せず
観に行ったほうが良いと思います。オススメ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
夜は短し歩けよ乙女|映画情報のぴあ映画生活


スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/15 01:55
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。