2016年ベスト映画


今年はそれほど映画を見ていないのですが一応観た中で順位を
付けてみました。
が、今年はどの作品も面白くて順位ほどの差はありません。
作品の出来ではなく単純に好きな順番ですね。

2016ベスト (各タイトルクリックで感想詳細)
1.ガールズ&パンツァー劇場版
2.ズートピア
3.ファインディング・ドリー
4.この世界の片隅に 
5.シン・ゴジラ
6.聲の形  
7.君の名は 
8.ローグワン 
9.ポッピンQ 

選外
デッドプール
ジャングル・ブック

2016ワースト
なし

1位の「ガールズ&パンツァー」は2015年の11月公開ですが自分が観たのは
年明けだったので・・・笑えて泣けて熱くなれるエンターテイメントとしての要素が
すべて詰まっておりとにかく鑑賞してる時間が幸せに感じた作品でした。

2位の「ズートピア」は動物の擬人化というありきたりなネタをここまで仕上げる力に
脱帽。技術的な部分は抜きでも面白かったです。ディズニー恐るべし。

3位の「ファインディング・ドリー」は全体的にはズートピアに及ばないものの
ある場面で嗚咽するほど泣いてしまったので。そのシーンに関してだけは
ズートピア越えてましたね。

4位の「この世界の片隅に」はテーマも描写も申し分ないアニメ作品。まぁいろいろな人が褒めてるので
あまり書くこともありませんが個人的にはヒロインに萌えた萌えアニメだと思っています。

5位の「シンゴジラ」はとにかくすごいもん観たなぁって印象がすごく残る作品。
賛否両論の部分も多いですが個人的には絶賛できるレベルで好きですね。

6位の「聲の形」は原作読んでないので新鮮だったというのもありますが良かったです。
自分が山田監督のファンというのも大きかったですね。ラストのやっと「救われた」感に
もらい泣きしました。

7位の「君の名は。」はすごくよく出来てると思うんですがおじさんにはちょっと
眩しすぎたかな。若い頃に観たらベストワンにしたかもしれません。

8位の「ローグ・ワン」はスターウォーズのスピンオフとしては申し分ないものの
序盤~中盤がちょっとダルなので順位を落としてしまいました。
後半の戦闘シーンはまさにスターウォーズで劇場で観る価値アリです。

9位のポッピンQはこれと言って人に勧める部分もないんですが嫌いじゃない。
愛すべき小品という感じでしょうか。続編への期待込みでこれぐらい。

選外作品も別につまらないわけじゃないけど好み的に外れた感じで
今年観た映画は当たりばっかりだったなぁという印象です。
特に邦画はかなり良作も多く正月あたりに見逃した作品を借りて見ようかなと
思っています。(その感想は書くかわかりませんが)
来年はもうちょっと観に行ければいいな。できれば月2本ぐらいは鑑賞したいですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/12/26 00:46
コメント
企画
毎度お世話になってます、「おちゃつのちょっとマイルドなページ」のおちゃつです。
今回も年末年始の企画を始めましたので、お忙しいとは思いますがもしよろしかったら参加お願いいたします!
コピペ文章にてすみません。

管理者のみに表示