映画『シン・ゴジラ』感想

シン・ゴジラ

『シン・ゴジラ』 

総監督 庵野秀明
監督 樋口真嗣
准監督 尾上克郎
脚本 庵野秀明
特技監督 樋口真嗣

庵野監督の「シン・ゴジラ」が公開となりましたので
ネタバレ食らう前に観てきました。

さて、私はもちろんゴジラを見て育った世代ではありますが
初代はリアルタイムではないのでそれほどの思い入れはなく
「ゴジラの息子」や「ゴジラ対メカゴジラ」とかの世代です。
ですから熱心なファンには怒られそうですがそれなりに知ってるし
それなりに好き、と言う所でしょうか。
平成以降のゴジラに関しては(ハリウッド版含む)まぁ・・・
悪くはないんじゃないの、というスタンスでした。
そんな自分が見た「シン・ゴジラ」の感想は・・・

まずここまで読んでまだ観に行ってない人は
とにかく行く事をオススメします。
なるべく頭を白紙にして観に行ったほうが絶対面白いタイプの映画です。
あまり人の感想を読んでいかないほうがいいですよこれ。
特にエヴァが好きな人は必見です。

以下の感想はできれば鑑賞後にお読みください。




















正直な所あまり期待しないで観たのですが・・・
クッソ面白かった!!!
もしかしたら今まで観たゴジラ映画の中でも断トツに好きかもしれません。
日本のゴジラはあえて「昭和の特撮感」を残しているものが多いですが
今回の庵野監督解釈のゴジラはまさに得体のしれない怪物として
描かれています。ハリウッドゴジラやクローバーフィールドの巨大生物とも
違う・・・人間から見て果たしてこれは生物と呼べるのか?という感じです。
一番近いのはやはりエヴァンゲリオンの使徒でしょうか。
内容的にもエヴァという対抗手段がない状態での人類対使徒という感じですね。
しかも要所要所でエヴァ風のBGM(ダンッダンッダンダンドロロロロみたいな)
が流れるので見ていて「あれ?これゴジラだよね・・・?」ってなりますw
もちろん旧ゴジラのBGMもふんだんに使われているのでご安心を。

一番印象的なのはゴジラの姿が最初にハッキリ見えるとこですね。
多分殆どの人が「え、なにこれキモッ!」と思うのではないでしょうか。
そして多くの人が「ああこいつはアレだね、ゴジラの餌だろ」と思わせておいて・・・
という展開が中々心憎い。
全体の尺の中ではゴジラ自体が暴れるシーンは意外と少なめで
殆どはゴジラに対抗する政府の人間達の会話劇で成り立っています。
ですから子供向けの怪獣映画ではありませんでしたね。
普通なら其の点はマイナス要因ともなりえますが(余計なラブシーン入れたりね)
今回はかなりドライと言うかドキュメンタリー風の作りになっていますので
ゴジラシミュレーションとしてもかなり見応えがあります。
割りとありがちな主人公の家族や恋人がピンチに~というのは一切無く
ある意味ドライですがそのおかげでリアル感のある現場になってると思います。

対抗する兵器も現在の装備に則ったものでメーサー車みたいな秘密兵器は
出てきません。そんな兵器でどう対抗したのかは見てのお楽しみw
終盤は意外なものでゴジラを○○します。
CGに関しては不満という意見も見ますが僕はあれで良かったと感じました。
庵野監督が表現したかったものがきちんと表現されてるという意味で。

主人公が極力ヒーロー性を排除してるのも好感が持てます。
あくまで仕事としてやりぬいた感が心地いい。
役者的には現総理と臨時総理が中々いい味を出しています。
全般的に特撮特有の演者が浮いた感じがないのが良かったかな。

まぁとにかくこの作品は一見の価値あり!です。
是非早めに劇場で鑑賞することをオススメします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
シン・ゴジラ|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/07/30 01:46
コメント
> 役者的には現総理と臨時総理が中々いい味を出しています。

皆を率いていく(&神輿に乗せられていく)現総理と、極度に敗戦処理な感じの臨時総理の対比が良かったです。臨時総理、現内閣にいるんだから無能じゃないんだろうけど、あの華のなさがいいですねえ。

管理者のみに表示