映画『インサイド・ヘッド』感想

インサイド・ヘッド

『インサイド・ヘッド』(原題:Inside Out)

監督 :ピート・ドクター
脚本 :ピート・ドクター
  メグ・レフォーブ
ジョシュ・クーリー
製作 :ジョネス・リビラー
製作総指揮:ジョン・ラセター

前にチョロっと予告観て楽しみにしていたピクサーの新作「インサイド・ヘッド」
をようやく観てきました。
いや~泣いた泣いた!
ここしばらく映画で泣いてないと思ってたけど
1年分ぐらい泣いた感じw

具体的にどこで泣いたかというと
本編前にやる短編の中盤から本編中までずっと泣き通しでした。
実はこの短編、あまり評判が良くないとは聞いていたのですが
実際に見てみるとなるほど、これは評判悪いのも納得・・・
と思いきやなぜか頬を涙が伝っていたという。
自分自身泣いてる理由がわからずちょっと戸惑いましたが
多分年齢的なものかなと思います。
若い人が見たらあまり面白くもない話かもしれませんが
ある程度のおっさんならわかるかも・・・そんなお話でした。

で、本編の方は大泣きする所はまぁ一箇所ぐらいですが
それ以外にもちょこちょこと涙腺を刺激されるというか
心の中の普段触られないところを触られるような感じと言いましょうか、
終始涙が乾く暇がありませんでした。
お話自体はほんとどうということもないというか
簡単にいえば「千と千尋の神隠し」の異世界部分を無くしたようなもの
なんですけど・・・
そんなのでお話として成立するの?と思われそうですが
引っ越しという少女にとっての一大イベントに対しての
感情の変化や心の成長を感情自体を擬人化することによって
綿密に描き更にエンターテイメントとして完成させる手腕は
さすがピクサーと唸らされました。

ピクサーといえば「メリダとおそろしの森」以降いまひとつパッとしないというか
若干ディズニーピクチャーズに押され気味な印象でしたが
本作はやっと新たな方向性を見出したというかディズニーでは
恐らく作らないタイプの話になっているとこが良かったですね。
やはりディズニーが王道とすれば実験的な作風がピクサーの持ち味
なので今後もそういう作品を作り続けていって欲しいですね。

感情の擬人化キャラクターの中ではヨロコビが一番良かったですね。
まぁ彼女は主人公格なので当たり前なんですけど絵で見るよりも
動いて喋ってるとかなり魅力を感じるキャラでした。
もう一人の主人公格のカナシミはもうちょっと描写がほしい感じでは
ありますが11歳の少女の感情ですからそこは割りとシンプルに
したのかも知れません。

面白かったところはキャラが二次元化するとことか
犬が切断されるとことか脳内にしつこく繰り返されるCMソングとかですかねw
一番泣けるとこはビンボンというキャラとのあのシーンでしょうか。

従来のピクサー作品と同じく対象年齢は高めですが
親子でもカップルでもオススメの一作でした。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
インサイド・ヘッド@ぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/23 01:43
コメント

管理者のみに表示