映画『モンスターVSエイリアン』感想

モンスターVSエイリアン

シネプレックス幕張 スクリーン5 D-9 13:45 にて鑑賞
今回は3Dバージョンという事で料金は2000円><
連休&夏休み突入ということでポケモン?目当ての親子連れで大混雑でした。
(この作品はそんなに混んでませんでしたが)
おかげで開始10分過ぎに入場。本編は間に合いましたが他の3D予告が
見られなかったのが残念。
入り口で眼鏡を受け取って終了したら返却する方式です。
この眼鏡がいまいち合わず観覧中は終始片手で支えてるような状態でした。
(眼鏡を外してかけてもいまいちフィットしない)
3D映画は初めてなのでなかなか楽しめましたが
ラスト付近では目が疲れて・・・
3Dだと60分ぐらいがベストなのかなぁ?
肝心の立体感ですがスクリーンが小さいせいかいまひとつ。
もっと大きいスクリーンで鑑賞した方がいいかもしれません。
奥行き感はありますが手で掴める様な飛び出し感が薄いかな。
昔、つくば宇宙博で見た住友館や富士通館の立体映像の方がすごかった
ように感じました。
以下内容の感想はネタバレ注意











ドリームワークスらしい少々下品な?ギャグと若干不気味なキャラデザインですが
割と楽しめました。
しかしちょっと物足りないというかキャラの作りこみが不足している印象。
スーザンとムシザウルス以外は人間サイズのモンスターなので
見せ場が少ないのがもったいない。もう少し個々のキャラを立たせて欲しかった。
ピクサーの「Mr.インクレディブル」のほうがそう言った部分の作りこみがしっかりしてた。
ギャグはややブラックめだが周囲のお子様が受けておられたので
まぁうまくいってる感じですが。
技術が先にありきの3D映画を作るために作られた話という感じで
映画としては若干物足りない。初期のフルCG作品のような印象?
立体になった人間のデザインは人間というよりはちょっと不気味な生物っぽかったw
面白かったのは大統領の未知との遭遇→ビバリーヒルズコップ?のあたりかな。
あと核のボタンとか。

以下気になるとこ
・丈夫過ぎるウェディングドレス
・スーザンの食事はアレとしてト○レは・・・?
・ムシザウルスはゴジラというよりはモスラ+ト○ロ
・骨折シーンは痛いからやめて・・・
・せめてラストは元の大きさに戻れるようにしてやれ
・最後の最後の大統領のオチがわかりづらい

全般的にお子様向けですが3D映画がどういうものかは
体験する価値アリ。
でも「ボルト」は2Dで見ちゃうかも・・・

評価:☆☆☆★

モンスターVSエイリアン@映画生活


スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2009/07/20 19:46
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
「モンスターVSエイリアン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):スーザン(リース・ウィザースプーン/ベッキー)、ボブ(セス・ローゲン/日村勇紀)、コックローチ博士(ヒュー・ローリー)、ミッシング・リンク(ウィル・ア...