映画『ノウイング』感想

ノウイング@映画生活
ノウイング


TOHO緑ヶ丘 09/07/18 21:15 スクリーン9 C-9にて鑑賞
それほど観たいわけでもなかったが時間が空いたので観てみた。
この映画は感想をネタバレなしで書くのはけっこう難しいので
以下ネタバレ注意で。















一応なんとなく内容を把握していたので展開は特に驚くものではありませんでした。
できればこの作品はなるべく知らない状態で観るのがオススメでしょう。
ジャンルとしてはSFになるかな?
アメリカ映画にしては少々珍しいラストですが
日本人からするとイ○○ンとかエ○ァとかありますから
それほどショッキングではありません。
が、CGが妙に説得力があるのでラストはゾッとします。
途中の大事故シーンもかなり良い出来で特に地下鉄のシーンは
日本の日比谷線の事故や福知山線脱線事故を思い起こします。
多分実際はああいう感じなんでしょうね。
ラストのクライマックス?はNHKかなんかでやっていた
スーパー○○○のCG再現映像みたいでした。←これかなりスゴイので見たほうがいい

元々こういうオチの映画はあまり好きじゃないんだけれども
この映画は終わってもそれほどイヤ~な気分にはなりませんでした。
多分それなりに歳をとったせいかなと。
そういう終わり方なら仕方がないって感じで・・・
若い頃に見たならもっと嫌な気分になるでしょうね。
スカッとするわけでもなく大きな感動があるわけでもないのに
そんなに悪く感じないのは構成がそれなりによかったというところでしょうか?
久しぶりにSFっぽいはなしが観れたのが良かったのかも。

それにしても
宇宙人が車に乗ってくるのはどうだろう。

評価:☆☆☆★
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/07/19 01:45
コメント

管理者のみに表示