スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『オブリビオン』感想

オブリビオン

『オブリビオン』(原題:Oblivion)


監督:ジョセフ・コシンスキー監督
出演:トム・クルーズ オルガ・キュリレンコ モーガン・フリーマン


映画の日ということで今回は『オブリビオン』を八千代緑が丘TOHOにて鑑賞。
予告編を映画館でちょろっと見た程度で前情報はまったく無しで。
とりあえずSFっぽいのかなと思って観てみましたが・・・

感想はう~ん・・・普通
つまらなくもないけど絶賛は出来ないというとこかな。
ちょっと前に見た「ルーパー」とか去年見た「プロメテウス」の方が
面白かった。ドローンとの戦闘シーンとかは良かったけれど
途中ちょっとテンポが悪くて中だるみするし世界観はまずまずだけど
設定の練り込み不足が目立つ。
「トムが出ているSFっぽい映画」としてならまぁ・・・
映像は結構迫力ある仕上がりなので映画館で観ても損はないと思うけどね。
↓以下ネタバレありな感想
















人類滅亡の危機という所謂ディストピアSFだけど
なんだかSFっぽい要素を色々組み合わせた挙句に破綻してしまった印象。
ターミネーター4とブレードランナーとトータル・リコールとシックスデイを
ごった煮にしたような。おいしそうな素材を組み合わせても料理が下手だと
どうしようもなくなるのか・・・
一応ミステリーっぽい仕上がりなので説明不足なのは仕方ないにしても
ちょっと雑かなぁと。
一番引っかかるのはなんでテットがジャックのクローンを使う必要があったのか
ということ。ドローンの修理はドローンにやらせればいいのになんで
人間が修理する前提なんだよと。ドローン視点のカメラ映像も英語表示で
どう見ても異星人が作ったものには見えないし。
ターミネーターのスカイネットみたいな人間が作った兵器というなら
それなりに納得できるけどそういう説明も一切無いし。
映画を普通に見ればテットは異星からの侵略者なんだけど
結局何をしたかったのかも一切説明なし。
説明だらけなのもどうかと思うけどこれはちょっと不親切すぎる。
というか説得力に欠けるかなぁ。
クローン物としてみてもそれに対するアイデンティティの崩壊とか
悲哀的なものも感じられないし・・・
ラブストーリーとしてもあのラストはどうなんだろう。
自分としてはとてもハッピーエンドには見えなかったが・・・
映像的にはなかなか見応えがあるし役者も大御所だけど
どうにもB級というかむしろB級よりもアイデア的に劣るような気さえしました。
音楽は割りとよかったけどちょっと煩いかな。(特に序盤)

良かったところ
・トムの衣装デザイン
・トムの乗ってるヘリみたいなメカのデザイン
・ドローンのメカデザインはそれなりに威圧感があってよかった。
・ドローンとの追いかけっこはSWのタイ・ファイターみたいで気持ちいい。
・空中プールは泳いでみたい。
・空中邸宅の建築デザインは面白かった。

SFファンほど引っかかるとこが多い映画なのでそういう方には
あまりおすすめできない。
トムファンならまぁいいんじゃないのというとこで。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
オブリビオン@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/01 19:50
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。