スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Pで撮るかAUTOで撮るか

さて、S60の時はISO50固定のPモードで撮ることが多かったのですが
(ISO上昇によるノイズの増加が嫌だったので)
S95はあまり感度上昇が気にならないので割りと使っています。
またS95のAUTOモードはなかなか面白いので今回はそれについて
書きたいと思います。

S95の「こだわりオート」
AUTOモードでの特徴的な部分は
・シーン自動選別
・顔優先AiAF
・iコントラスト
などです。
シーン自動選別はカメラが画面に写ってるのは人なのか花(物体)なのか
昼なのか夕方なのか夜なのか 動いてる人なのか静止してる人なのか
被写体が近いのか遠いのかなどをカメラが判断して
最適な設定で撮れるというものです。
(現行品はより細かく選別します)
iコントラストは白飛び・黒つぶれを自動補正する機能で
これはPモード他でも使えます。(顔優先も同様)

では比較してみましょう。
比較1
左がPモード、右がAUTOです。
Pでは建物壁面が白飛びしていますがAUTOでは飛んでいません。
この場合Pモードなら露出を何段か下げるわけですが
それだと影の部分が濃くなってしまいます。
こんな感じでなかなか良い感じのiコントラストですが
その反面こんな欠点も。
比較2
ISOを上げて自動補正するので細部がノイズで潰れて
若干眠い絵になります。
そんなわけでPではiコントラストはオフにしてますが
白飛びするか確認するためにAUTOでも撮るようにしました。
まぁJPG+RAWで撮影してれば問題ありませんがスナップでいちいち
現像するのはめんどくさいですからね。
ちなみにこれぐらいのノイズはプリントする上ではまったくわかりません。

そして顔優先AiAF。今では大抵の機種に搭載されている
顔キャッチってやつですね。これはなかなか精度が高くて面白いです。
試しにPCモニターに適当な集合写真を映してカメラを向けてみたら
7人全員の顔を検出してピント合わせてきましたから驚きました。
(最高は9人らしい)
そういえば少し前に売り場でA2400なんかを適当に店内に向けて
フォーカスしてたらなんか変なとこにフォーカスする。
よく見たら貼ってある販促ポスターの女優の顔をキャッチしてて
思わず笑ってしまいましたw
そしてS95の顔キャッチですが条件が合えばアニメキャラやフィギュアでも
人間の顔と判断します。
その様子を撮影してみました。(S60で撮影したので画質悪い)

こんな感じでなんか面白いw
人を撮る時はAUTOモードが良いようです。
(Pモードではセンター固定にしています)
AUTOにしておくとカメラが画面に人がいないか
一生懸命に探すのでなんかロボットみたいでカワイイですw

こんなかんじでなかなか面白いAUTOモードなので
積極的に使って行きたいと思います。

おまけ
サンゴ礁水槽
S95

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
デジカメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/27 01:13
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。