栗本薫 逝去

栗本薫 逝去
作家、代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。
2009年 5月26日 没 享年56 すい臓がんにより死去


栗本 薫(くりもと かおる、女性、1953年2月13日 - )は日本の小説家。サイエンス・フィクション
SF、ファンタジー、ホラー小説 ホラー、推理小説 ミステリー、耽美小説など、幅広いジャンルで
活躍する。代表作『グイン・サーガ』は序盤が英語に翻訳され、国際的な評価が待たれる。
また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で評論活動や作詞作曲、ミュージカルの脚本・演出なども
手がける。東京都生まれ。学歴は早稲田大学文学部卒業。学位は学士 文学士(早稲田大学)。
在学中から、将来は作家になると公言して憚らなかったという。本名は今岡純代、旧姓は山田。
1976年 -『都筑道夫の生活と推理』で第2回幻影城新人賞評論部門佳作受賞。
http://fu-hou.com/


非常に残念です。
最初に読んだ彼女の作品は「エーリアン殺人事件」というSFパロディ小説でしたが
あんまり面白いので何回も読み返した記憶があります。
その後「伊集院大介シリーズ」なども非常に面白かった。
長編が苦手なので短編を中心に読んでいましたがつい最近も
「第六の大罪」を読んだばかりだったのですが・・・・・・
グインサーガは読みませんでしたが好きな作家さんでした。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/05/27 22:09
コメント

管理者のみに表示