映画『プロメテウス』感想

プロメテウス

映画『プロメテウス』

さて二本目はあのエイリアンシリーズ最新作と言うことで
注目を集めていた『プロメテウス』です。
全米公開後の評判が今ひとつということで期待せずに観てみましたが・・・
結構面白かったです。
企画段階では「エイリアン」の前日章とされていましたが
惑星も時間軸も違う外伝的な話でした。
(年代的にはエイリアンから二年後ぐらいらしい)
エイリアンで登場した謎の古代宇宙船とその乗組員(スペースジョッキー)の
謎が明らかにされます。
1に繋がると思って観るとかなり辻褄が合わなくて
イライラする可能性もあるのでご注意を。


↓イカ、いや以下ネタバレありの感想。













「エイリアン」は劇場でリアルタイムで観て2は面白くて二回も観に行ったぐらい
好きですが3と4はそれほどでもない。という感じのわたくしですが
今回の「プロメテウス」は面白かったです。監督が1のリドリー・スコットだけあって
かなり1リスペクトな内容。なにしろヒロインからして
リプリー(シガニー・ウィーバー)に似てるしw
アンドロイドが破壊されるシーンなんかも1と同様ですね。
1がスペースホラー、2が戦争モノだとすると今作はかなり
SF的な比重が大きい作品に仕上がっています。
もちろんエイリアン(ていうかその原型的怪物)も登場しますが
メインテーマはあの謎の巨大宇宙人ですね。ここらへんはちょっと
ジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの」っぽい感じでした。
巨人である点も似ていますね。
ただ言葉とかが通じるわけでもないので本当に何者なのかは
わからずじまいでした。(エイリアンをどうやって創りだしたのかも同様)
そこら辺の説明は続編があるとかないとか・・・
ただしある程度観客が類推できるようには作られていますので
わけがわからないという事はないと思います。
後半で登場するエイリアンはあのギーガースタイルではなく
まるでイカのようなよくわからない形状です。ラストではあのスタイルに近い
形になりますが・・・
映像技術(主にCG)は過去作よりも格段に進化していますので
それだけでも見る価値ありです。特にあの宇宙船を動かすシーンは
必見ですね。あのコクピットはこうなるのかと・・・
もちろんいつも通りのモンスタームービーとしてもちゃんと出来てるので
グロ目的で鑑賞してもOK。
一応ツッコミどころとしては
・なんでアンドロイドは博士にあれを飲ませたのか?
・自力帝王切開後にあんなに動けるのかよ
・結局あの女性は人間なの?アンドロイドなの?
・異星人の宇宙船を動かせるとかどんだけ高性能アンドロイドだよ
・社長は地球で冷凍睡眠してれば良かったのに
などなど。
ですがそれほど引っかかる部分でもないので
面白さには影響はないと思います。
あまり期待しすぎると肩透かしを食らうかもしれませんが
SFとしてはなかなか良い出来だと思われますので
あまり先入観なしに観たほうが良いと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
プロメテウス@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/08/12 03:10
コメント
あなたの考えが知りたいの
はじめまして。ここに映画「プロメテウス」について、知恵袋の質問URLを貼ります。あなただったらどう答えるのか教えてください→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1393344578

管理者のみに表示