映画「おおかみこどもの雨と雪」感想

映画「おおかみこどもの雨と雪」感想
おおかみこどもの雨と雪


映画の日に「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞。
事前情報は映画館の予告のみですが
サマーウォーズの細田監督最新作ということで
多少期待しつつ観てみました。

鑑賞直後は正直あまりピンときませんでした。
すごく面白かった!とか感動した!って感じはなくて
でも心のなかに何かが残っている・・・そんな感じ。
でもその何かは時間を置くほどに大きくなっていき
今ではかなりの傑作だと感じています。
以下ネタバレ含む感想。















主人公の花が「おおかみおとこ」と出会い
子どもを産み、育ててやがて別れる。というのが
おおまかなあらすじです。
それらは一貫して淡々と描写され大きな事故や事件は起こりません。
前半では旦那(おおかみおとこ)との死に別れが一番大きいイベントですが
それすら淡々と描かれています。(ただしこのシーンに関しては
ものすごいインパクトがあります。今までのアニメや映画ではありえない
シーン。ここはあえて伏せておきます。)
子育ても極端な誇張は避けて日常レベルでの苦労と喜びに抑えています。
それにもかかわらず2時間飽きさせないってのは凄いと思いました。
ジブリ風と言うよりは「北の国から」の総集編を見ているような感じ。
大河ドラマ的な話なので本当は連ドラとかじゃないと描き切れない部分も
あるんじゃないかと思いますが13年という歳月をうまく二時間に収めています。
教室をパンで撮って時間の流れを表現しているのは上手かった。
背景はCGを多用していますがアニメとしてまったく違和感がなく
美しい表現となっています。

この作品における最大のテーマは母親が持つ根源的な愛情
「無償の愛」というものですね。子供二人を育てるために
すべてを犠牲にした花の生き様を描きそれに対してどう感じるかは
観客に委ねるという手法でしょうか。そのせいかお話的な起伏には乏しい
ですが見終わった時になんとも言えない気持ちになります。
特に最後の台詞。子どもをあそこまで育てた花が雨に対して
「まだ何もしてあげられてない!」と叫ぶシーン。
ここにすべてが集約されている気がしますね。アニメ史に残る名シーンだと思います。
自分は親不孝な人間なのでこういうシーンはグッときますね。
雪が同級生の男の子に秘密を打ち明け「知ってた」と言われるシーンも良かったです。
時間があればもう一回ぐらい観に行きたいですね。

余談
今回チケットを購入する時に「おおかみこども」を「おおかみおとこ」と
いい間違えてしまいましたorz



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
おおかみこどもの雨と雪@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/08/04 19:24
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 普段、映画なんか滅多に見に行かないし、行ったとしても感想なんか書かないのですが、実は先日たまたま機会があって表題の細田守監督のアニメーション映画『おおかみこどもの雨と...