映画『紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってまじっすか!?』感想

紙兎ロペ

TOHOシネマズの上映前にやっているショートムービー「紙兎ロペ」が
まさかの長編映画化ということで行って来ました。
初日のレイトショーですが客の入りはテルマエよりは少ないかなという印象。
以下ネタバレあるかもな感想。













元々この紙兎ロペは結構好きでこれを見るために早めに入場したり
(開場してすぐに入らないと見られなかったりするため)するほどで
もうちょっと長い話が見てみたいなぁとか思っていましたから
多少は期待して見に行きました。
とは言え、元が元ですからそんなに過大な期待もしないというか
そのまんまやってくれればいいなと・・・

そのまんまでした。(イイ意味で)
映画化でもほぼロペとアキラ先輩の会話劇になっており
登場する新キャラもそれほど世界観を壊すものではありませんでした。
ショートムービーでは基本的に引きの固定カメラでしたが
さすがに映画ではキャラのアップとかもありそれなりに凝った
カメラワークでしたが紙兎の基本(キャラは正面と横向きしかない)
は外さなかったのも好印象。下手に立体化しなかったのは正解。
ストーリーもほぼそのまましょうもない会話劇に終始しています。
怪盗が出てきた時は話が変な方向に大きくならないかと心配しましたが
あくまでも日常レベルにうまく抑え込んでいます。
そしてこの映画の特筆すべきはその背景!
これはかなりすごいです。これを眺めているだけでもまったく飽きません。
エンドロールで背景スタッフがアニメとしては異例の人数で納得。
ショートムービーは公式サイトで公開されていますので
見て面白かったなら映画観に行って損はないと思います。
あとこの作品は観客多めでざわざわしてるような所のほうが
楽しめると思います。観客の笑い声が良い相乗効果になるので・・・

映画予告


紙兎ロペ公式サイト
http://kamiusagi.jp/index.html

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/13 05:56
コメント

管理者のみに表示