スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『ドラゴン・タトゥーの女』感想

映画『ドラゴン・タトゥーの女』感想

今日はちょっと都内に用事があって出ましたが
時間があったので錦糸町のTOHOで観てきました。(1000円の日なので)
特にこれと決めていなかったのですが
時間的に合うのがこれだけだったので・・・
以下なるべくネタバレなしの感想。



この作品は2009年に公開された作品のリメイク(早いな)ですが
元の映画はまったく見ていないので良かったです。
謎解き+サスペンスということで陰鬱にしたダ・ヴィンチ・コードって感じかな。
上映時間158分と結構長いですがテンポがいいので飽きませんでした。
そして何よりヒロインのリスビットがすごくいいですね。
女性から観てかっこいいというか影のある新しい形のヒロインを
ルーニー・マーラが好演しています。正直な所あまり好きな顔立ちではありませんが
その存在感は抜群でどんどん彼女に引きこまれます。
特に後半の展開は痛快で気持ちがいいですね。
ラストはちょっと切ないですが・・・
原作は3部作なので続編も作られる予定とか。
これは是非観てみたいですね。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/03/01 23:59
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。