2011夏季アニメ感想その2

「TIGER&BUNNY」
★★★★
放送開始時は殆どの人がノーチェックだった、まさにダークホースだったこの作品。
ガッチリハートを掴まれた第1話から納得の王道展開で最期まで楽しませてくれました。
最終回を劇場でライブ上映したりその客層の男女比が2:8になるなどと
予想できた人がいたのでしょうか・・・
とにかく予想外の大人気のうちに最終回を迎えた本作品。
最終回では(投げっぱなしという意味ではなく)2期、もしくは劇場版を
やる気満々というのが伺える終わり方で今後の期待も高まる一方です。

この作品の素晴らしかった点は
重いテーマをおりまぜつつもコメディータッチというか
ハリウッド的明るさで物語を進めたところでしょうか。
おかげで最期まで楽しく見ることが出来ました。
コメディータッチと言っても所謂アニメ的なギャグ顔とか一切使わず
あくまでも実写映画に近いノリで作ったとこも良いですね。
万一ハリウッド映画化されても違和感はないでしょう。
物語はバディ物、ヒーロー物の王道展開ゆえに視聴者としては
予想しやすい展開ですが毎回必ずその予想の一段上というか
捻りを加えてくるとこも素晴らしいですね。
誰かが「予想通り、ではなく期待通り」と表現していましたが
まさにそんな感じでした。
伏線の張り方や回収も丁寧にキッチリ行われていて
見ていて気持よかったですね。
中高生ではなく「おじさん」が主役というのも
ベテラン?アニメファンから支持された理由でしょうか。
オリジナルアニメとしては大成功と言っていい部類でしょう。

桂正和原案の各キャラクター造形も素晴らしくキャラの立たせ方も
奇をてらわず正攻法で良かった。
ただ劇場版のような緻密なキャラクターデザインのおかげで
TVアニメとしてはやはり予算、スケジュールの問題で
作画が追いつかないところもちらほらだったのは残念。
これは恐らく二期ではかなり改善されると思われます。
戦闘シーンとかはもうちょっと頑張れる気がしますね。
(ラスト二話においての作画は素晴らしかったけれど)

しかし今更気がついたのですが
三枚目のがさつな先輩と色白イケメンの優秀な後輩という
組み合わせは・・・
「噂の刑事トミーとマツ」じゃないか!(ふるっ!
そういえばあのドラマも女子人気高かったなぁ・・・
通りで王道バディものだと感じるはずです。
ややジャンル的に偏りがある深夜アニメの中で
この作品は新風を吹き込んだのではないでしょうか。

まだ未見の人はぜひバンダイチャンネルの無料一話を
見て欲しいですね。

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=2963&mvc=2_0_155444_1_0_0


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/20 02:28
コメント

管理者のみに表示