2011春アニメ中間考査

今季のアニメも1クール物は終盤、2クール物は中間に差しかかり
それぞれの評価も固まってきました。
かなり放送本数が多いなかで視聴を切ったものもあり
生き残ったのは果たして?

そんな中での個人的トップ5(順不同)は
「TIGER&BUNNY」
「あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。」
「花咲くいろは」
「日常」
「逆境無頼カイジ 破戒録篇」
ですね。
この5本は見ないと損してるってレベルの仕上がりだと思います。
それぞれが違うジャンルの作品なので誰が見てもどれかひとつは
気にいるはず。


上記以外の作品でピックアップすると
「C」「Aチャンネル」「シュタインズ・ゲート」
が尻上がりに良くなってきてる印象。
「C」「シュタインズ・ゲート」は特殊な設定・世界観のせいか
序盤は取っ付きが悪いのですがストーリーが見えてくるに連れて
ワクワク、というかゾクゾクしてくるのが良いですね。
今後物語がどう展開して決着するのか気になります。
「Aチャンネル」は言ってみれば癒し枠ですが
出だしがあまり良くなかったですね。ありがちなキャラとお話・・・
という感じでいまいちな感じでしたがユタカ&ミポリンという
個性的キャラの登場で化けた感じ。やはりこの手の作品は
キャラの魅力次第ってところでしょう。


その他の作品はお好みで・・・って感じですが
残念ながら視聴を切ってしまったのは
「そふてにっ」「緋弾のアリア」「星空へ架かる橋」「GOSICK」「俺たちに翼はない」
これらは決して悪くはないのですが録画失敗したり
放送が重なりすぎて録画不能だったりという感じで
見なくなってしまいました・・・
今後評判が上がればレンタルででも見ようかと思いますが・・・

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/01 23:48
コメント

管理者のみに表示