DVD『9 ~9番目の奇妙な人形~』感想

9番目の奇妙な人形
DVD『9 ~9番目の奇妙な人形~』★★★

この作品は元々シェーン・アッカー監督が製作した短編映画にティム・バートンが惚れ込んで
全面的にバックアップして長編映画にリメイクされたものです。
一見ダークファンタジー系かと思いきや割とまっとうなSF活劇でした。

簡単なあらすじ
人類が滅亡し荒廃した世界で目覚めた一体の人形「9」
彼はその場所も目的もわからない。そこに現れた自分と同じような
風体の人形「2」と出会い・・・

主人公を含む人形9体は麻布や皮で作られた人形(ロボット)で
パッケージを見たときはかなりおどろおどろしい印象ですが
実際に動いてみるとコミカルで愛嬌があります。
物語は人類を滅ぼした「マシーン」との戦いを「1」と「9」の対立を軸に
描かれています。流れとしては冒険活劇のセオリーに則ったものであり
退屈せずに最後まで見ることが出来ます。
キャラクターは一応見分けがつくような外見的変化がありますし
それぞれの性格付けがしっかりしていますので見ていてわけがわからなくなる
ようなことはありません。
がしかし・・・
ストーリー全体が説明不足というか
彼らが作られた目的や使用法などがいまいちはっきりしませんでした。
いや、それらしい説明がないこともないのですがあまりスッキリしないというか。
マシーンが人形の魂?を吸い込む理由とかも・・・
そのせいか鑑賞後になんかスッキリした気分になれませんでした。
そこらへんでほんのちょっと納得出来る説明があれば
より高評価だったと思います。
キャラクターとしては「7」が面白かったですね。
声を動きだけで女性らしさを表現しているのはうまいと思いました。
一番戦闘能力が高いのが彼女というのも今風でしょうかw
CGアニメーションとしての完成度は高く見て損はないと思います。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/12 23:32
コメント

管理者のみに表示