スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アニメ「パンティ&ストッキング #11」感想

01

「#11 悪魔のような女たち」

遂に本編に絡むライバルキャラの登場です。
デイモン姉妹「スキャンティー&ニーソックス」!

02

非常に分かりやすいデザインw
堕落しきったパンスト姉妹に対して彼女たちが重んじるのは「ルール」
一般的には
ロウ=秩序を好む天使側
カオス=混沌を好む悪魔側
ですが逆転してるところが面白い。
03
04
05

理詰めで攻め立てる二人にパンスト姉妹も押され気味。

今までは一回の放送で2話構成でしたが
今回はフルに使って一話になっています。
いつもの下品なネタは押さえ気味で普通のアニメ的展開です。
今後の話に関わると思われる伏線もありますので
シリーズ全体の中でのポイントになると思われます。

06
07
まさかのカリ城ネタw

しかし今回の見所といえば後半のノンストップアクションでしょう。
とにかく動く動く!しかもこれだけ動かしても
ほとんど作画崩壊しないクオリティの高さ。
ここらへんはさすがガイナックスというべきでしょうか。

11
12
13

2Dアニメ独特の自在なデフォルメは観ていて気持ちがイイ。
このアクションシーンだけでも観る価値アリ。

14
15
16

そしてデイモン姉妹を影で操っていたのはダテンシティの市長!(CV 千葉 繁)
しかも神父のガーターベルトとも少なからず因縁があるご様子。
全体に一本芯が通って今後の展開が楽しみになりました。
あ、もちろんこれまでのおバカな話も好きですけどね!

おまけ
omake

なにげに右の黒人の子がカワイイw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/10 00:41
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。