スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

9月終了のアニメ感想

9月末に終了したアニメの簡単な感想と評価。
観ていたのは以下の作品
・あにゃまる探偵キルミンずぅ
・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
・世紀末オカルト学院
・オオカミさんと七人の仲間たち
・けいおん!!


「あにゃまる探偵キルミンずぅ」
★★★★
一年放映したキルミンが無事終了。
子ども向けアニメとしては上質なストーリーと作画で
楽しませてくれました。
テーマ的に結構難しいところもありましたが
うまいことにまとめたという印象。
終盤は広げすぎた伏線を駆け足で回収したので
ちょっとせわしなかったかな。あと回収しきれなかった部分も
少なからずあったのが少々残念。
最終回でのパルス×ポチ姉のやり取りはかなり
グッと来ましたね。
子供から大人まで楽しめる良作だったと思います。


「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」
★★★
中盤以降の展開は若干ダレましたが
作画や動画のレベルは高かったです。
飽和状態の深夜アニメの中では「サバイバルホラー+エロ」という
明快なコンセプトで楽しめました。
しかしゾンビ物としては少々話が長かったようにも思いました。
あまりシリーズ向きの題材ではないのかも。
原作が終わっていないので原因などが謎のままでしたが
二期あれば・・・という感じでしょうか?
エロに関してはちょっとギャグに振り過ぎかなとも
思いましたが作品のバランスは悪くありませんでした。
ゾンビ映画自体それほど好きなジャンルではないので
評価は低めにしましたが好きな人が見ればもっと
楽しめる作品だと思います。


「世紀末オカルト学院」
★★★★
これはダークホースでしたねw
最近TVでもやらなくなったオカルトネタをふんだんに盛り込み
最終回でのまとめ方も非常にうまかったと思います。
説明不足なところもありますがオカルトってのは説明できないから
オカルトなんであってこれが正解かなと。
個人的に気に入った話は五話の「夏のこずえ」ですね。
これはコミカルな話の最後の最後でゾッとさせる演出が秀逸でした。
ラスト二話のトンデモ展開も良かったです。


「オオカミさんと七人の仲間たち」
★★
この作品はちょっと残念でした。
昔話のパロディとか設定はそれなりに面白そうだったし
実際そこそこには楽しめたのですがシリアスパートが
致命的にダメでした。
「とらドラ」なんかではヒロインのトラウマも魅力に転化されていたのですが
舞台設定が若干非現実的なところに現実的な過去の傷は
相性が悪かったのかもしれません。
また主人公のキャラは最後まで感情移入できずしっくりきませんでした。
たぶん脇役としてなら嵌ったんじゃないかと思いますが
主人公としては色々物足りないというか器じゃなかった感じ。
まぁそこらへんは個人の好みも大きいと思います。
作画とかは良いほうだったと思いますし女の子キャラも
魅力的ではありましたが
もっと面白くなったんじゃないかと不満が残りました。


「けいおん!!」
★★★★★
「けいおん!」の二期である「けいおん!!」
今期はもちろんここ数年でもトップクラスの出来だったと思います。
正直一期の時はあまりまじめに見てなくて
なんか「あずまんが大王」からギャグを抜いたような話だなぁ・・・
とか思っていました。しかも見始めたのが四話あたりからで
最終回も録画ミスって半分しか見てないし番外編も
見逃していました。
しかしあんまり評判がいいので二期に関してはちょっと
真面目に見てみよう、と。
そうして見ていくうちにこの作品がいかに素晴らしいかよくわかりました。
キャラクターが生きているというか・・・普通の漫画やアニメのキャラクターというのは
大抵性格が固定されてるんですね。漫才のボケと突っ込みみたいに
役割分担がはっきりしている。ところがこの作品では必ずしもそうではないんですね。
現実の人間がそうであるように徐々に性格も変化して成長していく様が
丁寧に描かれています。
話の方もさりげない伏線の張り方とその回収で見返すたびに新たな発見が味わえます。
人によっては単なる「日常」アニメかもしれませんが
多くの人が経験する日常的な高校生活をこれほど魅力的に描けたことは
とても素晴らしいと思います。
自分の中のジャンル分けでは「あずまんが大王」「ヒャッコ!」「らき☆すた」などと
同じ「ガールズライフアニメ」ですがその中でも抜きん出た完成度だと思います。
入学から卒業までの三年間を過不足無く描写できたのが良かった。
20話での最終回的な盛り上げ方、24話での物語の終わりとしての最終回、
25・26話での番外編としての伏線回収の仕方、また最後の放映としての
26話の締め方とか構成があまりにも見事と言わざるを得ませんでした。
そして最後の最後にとんでもないサプライズ!
映画化決定!
のアナウンス!
これには久しぶりに驚かされましたねw
「涼宮ハルヒの消失」を作った京アニですからこれは期待せずにはおれません。
恐らく来年公開ですが今から楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/02 21:39
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。