映画『ヒックとドラゴン』感想

ヒックとドラゴン★★★★

今日は「ヒックとドラゴン」を3Dで鑑賞。
予告ではそんなにそそられなかったのですが
割と各方面の評判が良いようなので観てきました。
以下なるべくネタバレ無しの感想。



これね。すごく面白かったよ!
非常によく出来た少年向け映画ですね。
ていうかデザインを見ても判るとおりもろにポケモンですね。
ストーリーはまさに王道で劇場版ポケモン+劇場版ドラえもんって感じでした。
ドラえもんは出ませんがジャイアンスネオ的な奴らが出てきます。
流れとしては「アイアン・ジャイアント」にも近いですね。
ある日怪物を拾って親に内緒で育てるけど見つかって・・・みたいな。
ラストはアイアン・ジャイアントほど重くはないですが
主人公はある「代償」を支払うことになります。
このシーンは子供向けとしては結構ヘビーなものです。
某批評家の方が「これでドラゴンと主人公が対等になった」と仰っていましたが
なるほどな、と思いました。
この作品はドリームワークス最新作ですが
今までは正直なところDW作品があまり好きではありませんでした。
が、今作はDWの良い面がうまく出せた感じがしますね。
たぶんPIXARではこういうのは作れなかったんじゃないかなと。


原題は「How to Train Your Dragon」(あなたのドラゴンを操縦する方法)
バイキングとドラゴンの組み合わせは意外とマッチしていて良かったですね。
BGMがケルト民族音楽風なのもイイ。
主人公がヒョロチビで親父がムキムキの頭領ってのは
「小さなバイキングビッケ」みたいですね。(これが分かる人はかなりおっさん)
この親父と息子のやり取りはかなり丁寧に描かれていて
好感が持てました。
予告では気付かなかったんですがヒロインがかなり良いです。
ていうかアメリカ人ってこういう女の子本当に好きなんだなとw
正統派アメリカンヒロインですねw

この夏は「トイ・ストーリー3」「アリエッティ」「ヒックとドラゴン」
と3本続けて観ましたが親子連れで行くならこの作品断然オススメです。
あと3Dに関しても旧作品群よりかなり向上してますし
それを意識したカット割り・構図になっております。
3Dメガネが苦手でないなら3Dがいいかも。

最後に
まさかバイキングの帽子が「アレ」だったなんて・・・
意表を突かれましたw


ヒックとドラゴン@ぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/08 00:38
コメント

管理者のみに表示