DVD『私の中のあなた』感想

私の中のあなた★★★★

映画館でやってた時にタイミングが合わず見そこなったのでDVDで鑑賞してみた。
本作は2004年に出版されたベストセラーの映画化だ。

簡単なあらすじ
主人公は11歳のアナ。彼女の姉ケイトは重度の白血病だ。
彼女は姉に骨髄や臓器を提供するために生まれた。
しかし腎臓を移植するに至って彼女はそれを拒否し
母親を相手に裁判を起こす。果たして彼女の真意は・・・

非常に興味をそそられる内容でこの結末がどうしても知りたかった。
物語としては所謂難病ものだが切り口が新しく非常によかった。
主人公は妹だが描写の殆どは姉ケイトの闘病記だ。
現在(訴訟中)と過去をオーバーラップして描かれているので
若干わかりにくくしている部分はあるものの家族同士の愛情を緻密に描写している。
ミステリーではないのでラストでいきなり種明かしというわけではなく
殆どの観客はそこに至る前になんとなく理由がわかる仕掛けで
その流れが素晴らしい。
自分としてはもうちょっと法廷劇を期待していたがその部分はあまり
描かれなかったのが若干物足りないか。(別に残念なわけではない)
臓器移植問題や延命治療を織り込んだ家族愛映画としてオススメします。
できれば劇場で泣きたかったなぁ・・・



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
私の中のあなた@ぴあ映画生活


スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/02 22:00
コメント

管理者のみに表示