FC2ブログ

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』感想

ガルパン最終章

「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

監督 水島努
脚本 吉田玲子
キャラクター原案 島田フミカネ
キャラクターデザイン 杉本功
総作画監督 杉本功

さてようやくガールズ&パンツァー最終章2話が公開されましたので
ららぽーと船橋TOHOで観てきました。
1話から一年以上待たされましたが結果としては
大満足の出来でした。
今回はかなり試合のシーンがメインでTV版はもちろん、劇場版をも
超える濃密な戦闘描写に驚かされます。
音響も相変わらず凝りまくっていますのでこれはもう
さっさと劇場へ行くことをオススメしますw

↓以下ネタバレ感想













今回はBC自由学園との試合決着とインターバル
及び二回戦の中盤までの話となっています。
BC自由学園との決着はやや相手の自滅に近い勝ち方
ですがそれもまた戦車道らしくて良し。
二回戦(ベスト8)進出した高校は
聖グロ 黒森峰 プラウダ サンダース
大洗女子 継続 アンツィオ 知波単
となっておりこれは劇場版のメンバーで新規は無しですね。
まぁ劇場版の戦いっぷりを見れば妥当な結果でしょうか。
そして大洗女子の二回戦の相手は我が知波単学園!(当方千葉県民)
なのでとにかく熱い!劇場版では終始ギャグ的な扱いだった
知波単ですが今回の戦いは一味違います。
へっぽこチームが覚醒して強敵となるのは少年漫画の王道
そりゃアガるってもんです。
全体の流れで主人公チーム(大洗)が勝つのは確実ですが
それがわかっていても暑くなるのは演出が素晴らしいからでしょうか。
とにかく早く3話が見たい!と思わせる引きで2話は終了。
できれば今度は1年以内にお願いしたいところです。

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話|映画情報のぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/18 04:53

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』感想

響けユーフォニアム

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」

監督 石原立也
原作 武田綾乃
脚本 花田十輝
キャラクターデザイン 池田晶子
美術監督 篠原睦雄

実はこの映画公開初日(4/19)に見てきたにも関わらず記事を上げるのが
遅れてしまいました・・・色々と忙しかったので申し訳ない。
というわけでサクッと感想を。

と、その前にこの作品の概要を簡単に申し上げますと
前作の久美子1年生編はTVシリーズ2クール+映画2本となっておりますが
今作の2年生編は映画2本の構成となっております。
前に見た「リズと青い鳥」がその1本でこれは原作から
希美とみぞれのエピソードを抽出したものになっており、
今回の誓いのフィナーレは久美子をメインとした残りの
エピソードとなっております。

まぁ結論から言ってしまいますと自分が原作を先に読んでしまったのが
最大のミスというところでしょうか・・・
とにかく原作既読者からすると圧倒的に尺が足りない。
原作は新一年生を軸とした群像劇になっていますが
さすがにリズと青い鳥成分を抜いても映画一本では
収まりきらないものでした。結果としてかなり原作エピソードの
カットが行われておりそれが非常に残念でしたね。
原作を読んでいなければむしろ大満足だったかと思うと
ちょっと失敗だったかなと。
具体的に言えば加部ちゃん先輩のエピとか削られたり
小日向夢などは完全にカットされるといった感じでもったいないなぁと。
なんでTVシリーズでやってくれなかったのかと言う気持ちが強くて
そのために大絶賛に至らなかったのは本当に残念。
もちろん映像や音楽は非常に素晴らしく劇場で鑑賞する
価値はありましたしその点では非常に良かったのですが・・・
あと個人的にはオーディションのエピソードで
奏が夏紀に引きずり出されるシーンは見たかったかなとw
もちろんアニメでやったらコミカルになりすぎるかなと
思うシーンではありますが原作ではかなり印象的なシーンだったので
もし原作を読んでいない人は読むことをオススメいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/14 19:49
 | HOME |