FC2ブログ

2017年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogで恒例の企画に今年も参加いたします。

~2017年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 

今年は割りと豊作だった印象でそれなりに色々な作品を楽しめました。
ではさっそく

・最優秀作品 「けものフレンズ」
けものフレンズ

2017年はやっぱりこれですね。まさか一話切りした作品がここまで評価が
逆転するとは思いませんでした。CGアニメの出来としては決して良くない
いやむしろ稚拙とも言うべき所ですが見ていくうちにそのしょぼいCGすら
愛おしくなっていきました。作品の出来は作画だけではないという事を
証明した功績は大きいと思います。
OPEDやBGMの出来も素晴らしく良い出来でした。
またこの作品のファンが動物園に行くという今までにない
ムーヴメントを起こした点も評価したい。
監督降板の件で絶賛炎上中ですが作品自体の評価に変わりはありません。
今年はぶっちぎりでハマったので次点は無し。
 
・特別賞 「少女終末旅行」
少女終末旅行

アニメーションとしてはそれほど特別ではありませんが独特な世界観が
非常に良かったですね。ゆっくりと終わりへ近づいていく寂寥感が
素晴らしい。キャラクター造形も好みでした。
次点は「リトルウィッチアカデミア」「小林さんちのメイドラゴン」
「宝石の国」「いぬやしき」「サクラクエスト」「Infini-T Force」
などが良かったです。

・男性キャラ部門 「犬屋敷壱郎@いぬやしき」
いぬやしき

自分の観るアニメは男性キャラが少ないので結構困りますが
今年はやはりこの方ですね。近々公開される実写版では
木梨憲武氏が演じられるそうですがさてどうなるか・・・

・女性キャラ部門 「博士と助手@けものフレンズ」
博士と助手

正確にはアフリカオオコノハズク(博士)とワシミミズク(助手)ですね。
けものフレンズのキャラはどれも大好きですが特にこの
二人(二羽?)が良かったですね。カレーを食べるくだりが
面白くて何回も見てしまいました。
次点で
サーバル カバン アライさん コツメカワウソ アルパカ 
トキ アミメキリン(けものフレンズ)
カンナカムイ(小林さんちのメイドラゴン)
鬼瓦輪(武装少女マキャベリズム)
ユーリ(少女終末旅行) 
と言った所が好きでした。

・OP部門 「ようこそジャパリパークへ@けものフレンズ」
ようこそジャパリパークへ

ノリの良いリズムに覚えやすいメロディーと歌詞。
今年一番聞いた曲ですね。絵的にはシリーズ後半のバージョンが
なかなかミステリアスで好きでした。
次点で
「ガヴリールドロップキック@ガヴリールドロップアウト」
「青空のラプソディ@小林さんちのメイドラゴン」
「オリジナル。@亜人ちゃんは語りたい」
「動く、動く@少女終末旅行」
「鏡面の波@宝石の国」
「Shiny Ray@リトルウィッチアカデミア前期」
といった所のOPが印象に残りました。

・ED部門 「More One Night@少女終末旅行」
少女終末旅行

原作者の手描きアニメが圧巻。歌もキャッチーで良かったですね。
次点で
「ぼくのフレンド@けものフレンズ」
「イシュカン・コミュニケーション@小林さんちのメイドラゴン」
「Freesia@サクラクエスト前期」
「ハレルヤ☆エッサイム@ガヴリールドロップアウト」
などのEDが良かったです。

今年は深夜アニメ以外では「僕のヒーローアカデミア」「タイムボカン逆襲の三悪人」
「スナックワールド」がなかなか拾い物でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



アニメ | コメント(1) | トラックバック(4) | 2017/12/29 14:25

スーパーカブにウィンドスクリーン装着

今年は例年よりかなり寒い感じで
以前買ったハンドルカバーは大活躍ですがそれでもキツくなってきました。
という事で安い風防を付けてみることに。

購入したのはこちら
N-hilfe ウインドスクリーン 角型 高さ35cm 厚さ3mm 汎用 風防

この手の大型シールドが付いたバイクは今まで乗ったことがなかったので
とりあえず安い汎用品をお試しで買ってみました。
ゴリラにも流用できるしね。
が、さすが安物と言うべきか
付属部品が足りておらず(よりによってミラーに接続するブラケットが
入っていませんでした)返品交換となり装着が遅れてしまいました。

交換品が届いたので早速装着。
ウィンドスクリーン
素手で作業したので結構指紋が・・・

ウィンドスクリーン
普通に装着すると結構直立

ウィンドスクリーン
汎用品なのでウィンカーと若干干渉気味です。
またスイッチとも干渉するので微調整が必要。

装着用の工具は車載レベルで問題ありませんが
ナットを留めるのにラチェットがあったほうが楽です。
取り付けてみて気がついたのですがシールド本体を留めてるナットは
あまり締めすぎるとヤバイです。最悪表面側の押さえが割れますね。
そこら辺はさすが安物なので気をつけましょう。
一応組立説明書が付いてますがその通りに組み立ててしまうと
ミラーが取り付けられないので支柱を先にミラーに付けてから
本体を差し込む順番のほうがいいですよ。

装着失敗例
シールド装着失敗
支柱との接続が左右とも同じ方向に。調整も悪くてスイッチと干渉して
操作しづらくなっています。

後はシールドを留める部分のゴムワッシャーと留め具の穴位置が悪くて
ボルトを通すのに若干苦労しました。

取り付けたので早速試乗・・・
効果は絶大でした。
今まで胸元に吹き付けてた冷たい風がカットされるので
ものすごく楽です。スポーツタイプのバイクのような
小形カウルだとある程度速度を出さないと恩恵は少ないですが
これは20~30の低速域でもこの時期特有の冷たい向かい風を
防いでくれるので効果を実感できます。
ただ風圧を感じなくなったので体感速度が認識しづらくなりますが
大した問題ではないでしょう。
冬対策用品としてはコストパフォーマンス抜群ですね。
耐久性は時間が経過しないとわかりませんが値段的に
ワンシーズン持てば良し、2~3年使えれば御の字でしょうか。
これは汎用品なので基本的にはスクーターとかに合うような
カッティングになっておりますので原付きスクーター乗りの方に
特にオススメ。
カブの場合は純正品もしくは風防メーカーの専用品が
より効果が高いと思われます。
ただスクリーンは結構経年劣化しやすいので
使い捨て感覚でこれを選ぶのはアリかと。
冬場に通勤などでバイクを使ってる方にはぜひオススメします。
格段に楽になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/12/28 22:25

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』感想

スター・ウォーズEP8

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

監督
ライアン・ジョンソン
製作
キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン
製作総指揮
J・J・エイブラムス
トム・カーノウスキー

スターウォーズEP8最後のジェダイが公開になりましたので
八千代緑が丘TOHOにて早速観てきました。
感想は・・・うーん自分はEP7の方が面白かったかなぁ。
今回は反乱軍(主人公側)がひたすら追い詰められていく展開なので
爽快感があまり感じられないのが残念。
繋ぎのエピソードなのでEP5帝国の逆襲的な感じなのかもしれませんが
結構ストレスが溜まります。
前作と違ってここぞという見どころが少ないせいもあるかな?
とは言え152分という長尺ながら中だるみが少ない所は流石ですかね。
帝国の逆襲みたいに後に評価が変わる作品かもしれません。

今回はいよいよルーク登場で期待してましたがさすがに年齢が
行き過ぎててちょっと厳しかったですね。ただ話としては
(この年齢で)ちょうど良かった感じもしますが。
レイア姫役のキャリー・フィッシャーさんは本作をクランクアップ後に
亡くなられたのでこれが遺作となってしまいました。
せっかく作中では九死に一生を得たのに・・・

今回の話は今まで続いていた争いが遂に次回で完全に終結することになると
感じられる、足がかり的なエピソードだったように思えます。
次作のEP9は今までの様に巨悪を倒してお終いという感じではないかも
しれませんね。

今回初登場で賛否両論のローズさんですが自分は結構好きw
見た目森三中みたいですがこういうチョイブサキャラが
光るのはアニメや漫画でも好きなので。
アメリカ人的にはどう見えてるのか興味深いですね。

EP7が好きならこれはもちろん観ておくべきエピソードだと思います。
ていうかもうここまで来たらEP9まで付き合いますよねw
前回のハン・ソロ死亡的なネタバレがありますので
早いうちに観に行ったほうが良いと思います。

以下ネタバレありの感想




















とりあえず箇条書き
・変な動物に見つめられて肉が食えないチューイかわいい
・ダメロンはダメロンだった。
・ルークの家を直してる島の住民がかわいい
・馬みたいな動物がかわいい
・フクロウみたいな動物かわいい
・アイロンかと思ったらアイロンだった。
・ファズマvsフィンはアッコさんvs出川みたいだった。
・レイア死亡と思いきやそんな事はなかったぜ。
・ペロッ・・・これは塩!
・ルークはバケモノか!と思ったがそんな事はなかったぜ。
・ヨーダはCGじゃなくてパペットかも?
・最後ファルコン号に乗れるぐらいしか反乱軍残ってないんですが
 大丈夫なの?
・カジノで働いてた子どもたちが今後の鍵?

こんな所でしょうか。
あとエンドロールのキャリー・フィッシャーのとこは泣ける・・・
ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画情報のぴあ映画生活


映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/12/16 00:23

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』感想

ガールズ&パンツァー 最終章

「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」

監督 水島努
脚本 吉田玲子
考証 鈴木貴昭
スーパーバイザー 鈴木貴昭
キャラクター原案 島田フミカネ

ついにガールズ&パンツァーの続編が公開されたので観てまいりました。
今回は船橋ららぽーとTOHOで鑑賞。ららぽーとは10数年ぶりに行ったら
結構変わっていて驚きました・・・昔警備のバイトしてたことも
あるんですがちゃんと今風のモールになっていましたね。

今回の劇場版はTVシリーズのような6話形式になっており
1話47分という尺になっています。時間が短いため料金も1200円と
お安いので助かります。
一応予定では全6話となっていますが現時点で2話がいつ公開なのかも
決まっていないので完結までに何年掛かるか・・・エヴァみたいなことには
ならないとは思いますが水島監督が多忙なので心配になります。

さて感想ですが
「ガルパンはやっぱりいいぞ」
これに尽きますね。
シリーズ中の一話目なので途中で終わってしまいましたが
TVシリーズとは段違いの作画と密度で非常に満足感がありました。
ストーリーとしては前回の劇場版の後の話になりますが新たに復活した
戦車道大会がメインの戦いとなっています。
さすがに今回は廃校の危機ではありませんがちゃんと勝たなくてはならない
理由はあります。廃校ほど緊迫した話ではないのでいい感じに
肩の力を抜いて見れる感じかな?

前回の劇場版で登場した新キャラ(継続高校・知波単学園・ローズヒップ・クラーラ)
も再登場するのが嬉しい所。劇場版だけで済ますのはもったいないキャラ
でしたからね・・・
そして現在でもアニメとしてはかなり登場キャラが多いのに
更に新キャラ追加ってのがすごい。一回戦の相手であるBC自由学園と
大洗の新たな戦車に乗るメンバーが登場となりました。
前回の劇場版と違って尺に余裕があるせいか結構丁寧なキャラ描写と
なっていて良かったです。

TV・前劇場版と比べるとシリアス度は低めですがこの第一話を見る限りは
安心して良さそうですね。できれば2話は半年以内ぐらいに公開してほしい
ものですが・・・一年に一話はさすがにキツイw
TVシリーズや劇場版のガルパンが面白いと思った人はオススメするまでもなく
行くでしょうけど決してガッカリしないことは保証します。

今回の鑑賞特典とパンフレット
ガールズ&パンツァーパンフレット
特典のミニ色紙はさおりんと麻子ですね。パンフは裏表紙ですがロゴが新キャラに
合わせたものになっています。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話|映画情報のぴあ映画生活


映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/12/10 01:33
 | HOME |