映画『メッセージ』感想

映画メッセージ

「メッセージ」 原題:Arrival 

監督 ドゥニ・ビルヌーブ
製作 ショーン・レビ
  ダン・レビン
  アーロン・ライダー
  デビッド・リンド

予告で見てもっと早く行きたかったのですが
なかなか時間がとれず、もう上映が終わりそうだったので
本日観てきました。

ネタバレ無しの感想
未知との遭遇などの異星人ファーストコンタクト系好きなら
観て損はないと思います。大作的な派手さはありませんが
未知の文明とのコミュニケーションをどう行うかは観ていて
楽しいしやはりワクワクしますね。
ただちょっと粗が目立つ部分もありますが・・・
個人的には若干「惜しい」感じの作品でした。
詳しいことはネタバレありの感想で述べますが
感心するよりツッコミどころの方が多いと感じましたね。
それでも上映時間分は楽しめるしダレない展開なところは
良かったと思います。
純粋なSF系はあまり無いのでSFファンは観ておいたほうが良いかと。

↓以下ネタバレ有りの感想



















映画「コンタクト」みたいなおおお~!って感じがないのが惜しい。
結局彼らが異星人なのか異世界人なのかも不明ですし
なぜ12箇所に現れたのかもハッキリとしません。
彼らの使う言語自体が人類に対するプレゼントであるのは
理解できますがその辺が今一伝わりにくい。
もしかしたら英語が理解できていればもっと感じ方も違うのかもしれませんが
字幕だと訳がもうひとつなのかわかりにくかったと思いました。

あと現代社会で国ごと情報をシャットダウンすることが可能なのか
ちょっと疑問ですね。中国あたりだと可能なんですかね・・・
少なくとも日本がアメリカに情報提供を拒むのは考えにくいかなぁ。
あといきなり文字(英語)で行ってましたけどそこは絵も組み合わせるべき
なんじゃないかと思うのは自分が日本人だからでしょうか?
いっそセサミストリートでも見せてやったほうが理解が早かったりして・・・

世界各地にいきなり現れて・・・というくだりは
聖戦士ダンバインの地上編を思い出しますね。あの頃はまだ
ソビエト連邦でしたかね?ソ連ならいきなり核攻撃するだろうというのも
当時の情勢ならわからなくもないという感じですが現代では
もうちょっとコンタクトを粘るんじゃないかと思いますけど
どうなんでしょうね。
まぁ紛争地域とかに出現したらそれどころじゃないでしょうけど。

映像としては未来のビジョン?がちょっとわかりにくいというか
もう少しわかり易い表現方法があったんじゃないかと思いました。
と言うより主人公の考えとか思想が伝わりにくい感じでしょうか?
言葉の謎解きもいまひとつしっくりこないというかコンタクトみたいに
信号を2次元から3次元に変換してみたいな嘘でも説得力がある
ようなものだったら良かったのですが・・・

異星人?のデザインはややアナクロですがインデペンデンス・デイよりは
マシかな。ガラス越しのコミュニケーションとか空中に現れる文字とかは
すごく良かったと思います。決してイカがイカ墨で文字書いてるみたいとか
言いませんよええ。

世界規模でのパニックなのにそういう部分が一切描かれず
あくまで一部の人間のみの描写にとどめたのは個人的には好きですね。
その分かなり地味になってしまいましたが・・・
全体的に突っ込みどころが多いけどだからといってダメではないという
バランスに仕上がっていたと思います。パニック系より推理系が好きな人に
オススメ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
メッセージ|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/04 02:45
 | HOME |