映画『SING シング』感想

SING シング

「SING シング」

監督 ガース・ジェニングス
製作 クリス・メレダンドリ
  ジャネット・ヒーリー
脚本 ガース・ジェニングス
エンディングソング スティービー・ワンダー

ちょっと記事が遅れましたが1日は
映画の日ということで公開終了間近の「SING」を観てきました。
もっと早く観に行きたかったのですがタイミングが合わなくて・・・
今回はちょうど箱がプレミアになったのでいい機会かと。
本当は字幕版を観たかったのですがもう吹き替え版のみに
なっていました。

吹き替え版ということであまり期待はしていませんでしたが
予想以上に良かったです。歌が重要な作品ですから歌唱力がある
キャストなのは当然として通常の演技も棒というよりは自然な
感じで役にぴったり嵌っていました。
ディズニーやピクサーに比べるとちょっと癖のあるキャラデザですが
表情の付け方とかは本当に素晴らしい。
特にヤマアラシのアッシュ(CV:長澤まさみ)とゾウのミーナ(CV:MISIA)
がティーンエイジャーらしさが出ていて良かったですね。
あと主人公のムーンの声がウッチャンだとわからなくてエンドロールで
ちょっと驚きましたねw(わかってて聞くと確かにウッチャンでした)
ただ吹替版だと1箇所日本語ネタが意味不明な感じになるのが惜しい。
(英語ができない日本人っぽいユニットが出て来る)
そこはDVD出たら観てみようかな。

話としては特に重いテーマが隠されているわけでもなく
割りと普通という感じだけど群像劇としてはかなりよく出来ている。
主人公があまり努力せずになんとなく良い方向へ行くのは
ちょっと引っかからないでもないが歌唱シーンでチャラというところか。
キャラクターデザイン的にちょっと敬遠してた部分もあるけど
これは大当たりだと思います。まだ観てないなら是非劇場で!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
SING/シング|映画情報のぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/05/03 23:26
 | HOME |