スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『虐殺器官』感想

虐殺器官

「虐殺器官」

監督 村瀬修功
原作 伊藤計劃
脚本 村瀬修功
キャラクター原案 redjuice
デザインワークス 荒牧伸志

伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく「Project Itoh」の最終作
「虐殺器官」を観てきました。前作「ハーモニー」と同じく原作は未読です。

観終わった感想
ちょっと難解な部分もあるけど結構面白い。

あ、難解と言ってもハーモニーよりはわかり易いとは思いましたが
ただ小説と違い映画は?と思っても戻って読み返せないので
ちゃんと観てないとわかりにくい部分も多かったかなと。
物語としては近未来サスペンスで小道具はSFを感じさせるものもありますが
基本的に現代劇の延長という感じでした。そこらへんは前作ハーモニーに
近い印象でまたたった一人の人間の意思判断が世界の命運を決定づけるという点でも
共通しています。

原作を読んでいないので一回観ただけでは物語をきちんと理解できてるか
わかりませんが「虐殺の文法」というアイデアはなかなか秀逸だと思いました。
特にラストは「あっ・・・そういう事か!」って感じで映画としては
良い締め方だったのではないでしょうか。

主人公はある処置によって常に冷静(フラット)なキャラですので
あまり感情移入できませんがそれも話の筋に大きく関わる部分なので納得できます。
(ボトムズのキリコをちょっと思い出しました。)
ただ生い立ちや背景があまり映画では語られないので幾つかの行動には
やや疑問を感じる部分も出てくるかもしれません。(原作ではその部分も
言及されているらしいです)
特に主人公がヒロインに惹かれる理由とか最後の行動の意味合いが
一回観ただけではちょっと理解できた自信がないですね。

アニメーションはキャラクターデザインを含め過不足無い出来ですが
内容的に実写の方が良かったのでは?と思う部分も。
ただ話的に(台詞は日本語だけど)英語で会話しているというのが
重要なので日本人では無理だしハリウッドでやるには地味かな・・・
となれば必然的にアニメしか無いという感じでしょうか。

アニメ作品というよりは普通に面白いサスペンス映画なので
割りとオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
虐殺器官|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/13 15:24
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。