スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『マグニフィセント・セブン』感想

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブン」 原題:The Magnificent Seven

監督 アントワン・フークア
製作 ロジャー・バーンバウム
  トッド・ブラック
製作総指揮 ウォルター・ミリッシュ
      アントワン・フークア

ファーストデイということで今回は「マグニフィセント・セブン」を
観てきました。
タイトルはそのまんま「荒野の七人(The Magnificent Seven)」
つまりリメイクですね。更に元ネタの「七人の侍」は日本映画の中では
トップクラスに好きな作品なのでこれは観るしか無いなと。
おそらく大筋での改変はないと思われるので安心して観られるという
のもありますが・・・

さて、感想の前に「七人の侍」と「荒野の七人」について少々。
「荒野の七人」はかなり忠実なリメイクではありますが「七人の侍」に比べると
根底にある侍と農民の絶対的な身分の差みたいなものがないので若干物語的に
薄く感じる部分もあります。特にラストの台詞の意味は大分違うとも言えるでしょう。
とは言えエンタメとしては非常に良く出来ており西部劇の名作と呼ばれるのも
納得です。

今回の「マグニフィセント・セブン」は「荒野の七人」のエンタメ感を
より忠実に現代版として作られていると思いました。
特に見せ場の決戦シーンは見ごたえがある仕上がりになっています。
7人のキャラクターも良く立っており現代版らしく?複数の人種で構成されています。
特にインディアンと東洋人の高い戦闘能力はやっぱりアメリカ人にとっては
トラウマなのかな?と思ったり。一番好きなキャラはギャンブラーのジョシュ・ファラデー
ですね。デンゼル・ワシントン演じるサム・チザムも七人の侍の勘兵衛っぽい
雰囲気で気に入りました。

大きな変更点としては守るのは農民ではなく町の住人、敵は野党ではなく
町を乗っ取ろうとする鉱山主と言う所でしょうか。
七人がこの戦いに参加する理由がやや薄いような気もしますが尺を考えると
仕方ないところなのでしょうか。
それ以外の流れ(七人のうち四人が倒れるが最終的には勝利する)は
同じですね。
アクションシーンは久しぶりの大作西部劇という感じでこれは劇場で観る価値アリ。
旧作オマージュのラストシーンとエンドロール冒頭で掛かるあの曲は
やっぱりおぉっ!ってなりますね。
旧作ファンも観ていない若い人にもぜひ観てもらいたい作品です。
↓以下ネタバレ














一つだけ引っかかったのは主人公が戦う理由を私怨にしてしまったことですね。
七人の侍は何の得もない戦いになぜ命を賭けるのかというのが重要な
ポイントだったと思うのでそこは気になりました。しかし身分差がないと
考えればこの方がわかりやすいですし仕方ないかもしれませんね。
ガトリングガンとそれを倒すシーンは両旧作にもないオリジナル展開ですが
これは結構盛り上がって良かったと思います。

マグニフィセント・セブン|映画情報のぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/02 12:16
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。