映画『君の名は』感想

君の名は

「君の名は」 

監督:新海誠
原作:新海誠
脚本:新海誠
製作:市川南 川口典孝

巷で評判の高い「君の名は」を観てきました。
本当は1日(映画の日)に行きたかったのですが
ちょっと仕事で外せない可能性が高かったので
31日に行ってきました。(※ちょっと忙しくて感想を書くのが遅くなりました。)
こういうサービスデイの前日は
大体ガラガラだったりするのですが今回はレイトにも
関わらず結構客が入っていました。しかも7~8割がカップルという・・・orz

て言うかね
カップルはこの映画を観に行くべき!
と力説したくなるぐらい良い映画でした。
シン・ゴジラが見終わった後「すごいの見ちゃったなぁ・・・」であるとすれば
これは「すごく良い映画だったなぁ・・・」って感じでしょうか。
キャラクター配置的にはやや女性向けに振っていますが
メイン視点が男性の場面が多いので男性が観ても楽しめる
恋愛映画になっています。(とは言え男同士で観に行くのはあまり勧めませんがw)
予告で見た感じだと名作「転校生」的な青春ドラマかと思いきや
話は意外な方向へ・・・という感じでストーリー自体も楽しめました。
まぁネタバレは致命的というほどではないけどやっぱり情報は入れないで
観に行くことをオススメします。

以下ネタバレありの感想




















男女入れ替えネタと言う事でもっとコメディ寄りかと思いましたが
直接的な下ネタは割と抑えめでしたね。
それでも毎回おっぱい揉むのは笑いましたがw
そりゃあ男なら・・・揉みますよね。
あと観てる時は思わなかったけど入れ替わりが毎回寝起きなので
当然三葉は毎回フル状態のあれを見る羽目に・・・
どちらかと言えば男女と言うより他人との生活環境の違いに
重点が置かれていたのが良かったです。
中盤からの展開は「オーロラの彼方へ」に近い感じでしょうか。
そこら辺の設定が中々素晴らしくて感心しました。
3年という絶妙な時差と戻ると相手の名前すら思い出せなくなるとか
そこから作られるストーリーが非常に良い。
手首に巻いた組紐の伏線の張り方も上手くてその理由がわかった時に
思わずおぉ!と声が出そうになりました。
時差に関しては少なくとも三葉の方は会いに行く前に気づきそうな
感じもしますが東京は進んでるなぁ・・・ぐらいの印象だったのでしょうかw
そこら辺も起きる(戻る)と忘れるという設定がうまく生きていましたね。

シンゴジラの記事でも少し書いたと思いますがこの映画もまた
311後の作品と言えるでしょう。
あの時多くの人がこう思ってたんじゃないでしょうか。

「もし自分があの日の前に戻れたら救える人がいたんじゃないか」と。

大災害の後は多くの人が感じる時間を戻せたら・・・という思い。
それを具現化してみせた作品とも言えるでしょう。
あれから5年が経ちこれらの作品が同じタイミングで公開されたのは
偶然ではないかもしれないですね。

自分は映画では結構泣くんですがこの作品はそれほど泣きませんでした。
(でも泣いたことは泣いたけど)
ただそれは感動シーンがなかったわけではなく自分の年齢によるものかと
思います。多分もっと若い頃に見ていたらかなり泣いたんじゃないかな。
実際横の方にいた女性客は上映後にハンカチで涙を拭っていましたし。
主人公が高校生ですからやはりそこに近い年齢の方によりオススメです。
あとシンゴジラよりは女性の方は楽しめると思います。
こういうタイプのアニメは苦手という方もいるかと思いますが
観て損はないです。てか見るべき!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
君の名は。|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/09 08:25
 | HOME |