映画『ジャングル・ブック』感想

ジャングル・ブック

「ジャングル・ブック」 原題:The Jungle Book

監督 ジョン・ファブロー
製作 ジョン・ファブロー
  ブリガム・テイラー
製作総指揮 ピーター・M・トビヤンセン
     モリー・アレン

ディズニーの「ジャングル・ブック」が公開されたので観てきました。
今回のジャングル・ブックは1967年に制作されたアニメの実写化ですね。
アニメ版はもう殆ど記憶に残っていませんが最終的にモーグリは人間の村へ
戻っていき、それを見送った保護者代わりの二頭(黒豹と熊)が歌いながら
ジャングルへ戻っていくという終わり方だったように思います。
(記憶違いかもしれませんが)
まぁ覚えてないほうがかえっていいかなと思いそのまま観に行ってしまいました。

今回は一応実写化ということになっていますが実際は
モーグリ以外は全てCGという・・・どちらかと言えばフルCGアニメに
実写の人間が出てくるという感じになっています。
CGはズートピアみたいなアニメ寄りではなくあくまで実写に近い表現になっています。
(動作や表情は擬人化されていますが)
メリー・ポピンズなどのアニメと実写の合成の時代からするとちょっと信じられないレベルですね。

さて感想ですが・・・

思った以上に子供向け作品でしたね。
いや、ディズニーって本来そういうものだからむしろ本道と言うべきでしょうが
最近の作品は結構大人向けだったのでちょっと変な期待をしてました。
親子連れとかで行くならすごく良いと思いますけどおじさん1人で観に行くのは
ちょっと・・・って感じですかね。
昔のアニメがどうリメイクされたかに興味がある方なら問題ないですが
普通に観に行くとちょっと物足りない気分になるかも。
まぁそれでもCGで描かれた動物たちは魅力的だし良かったですけどね。
あとラストが旧作と違うような気がするんですが・・・

個人的に良かったのはエンドロールですかね。
あそこはCGならではの演出になっててちょっと面白かった。
(どういうものかは観てのお楽しみ)
今回は吹き替え版で観ましたが(最近は字幕版やってるとこが非常に少ない)
途中に歌もあるしできれば字幕版のほうがよさげ。
ちなみにエンドロールまで熊の声が西田敏行と気が付かなかったw
いやよく聞けば確かに・・・なんだけど大分声量が衰えてるような。
オオカミ母ちゃんの宮沢りえは結構良かったです。

夏休み向け子供映画としての完成度は高いので親子連れにはオススメ。

↓以下ネタバレ含むツッコミ












・ロデムかっこいい
・オランウータンでかっ!
・聖火ランナーとかタイムリー過ぎる
・走って帰れる距離しか移動してなかったのかよ!
・結局ジャングルに戻るのかよ!

とまあこんなとこで。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ジャングル・ブック|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/15 01:17
 | HOME |