映画『シン・ゴジラ』感想

シン・ゴジラ

『シン・ゴジラ』 

総監督 庵野秀明
監督 樋口真嗣
准監督 尾上克郎
脚本 庵野秀明
特技監督 樋口真嗣

庵野監督の「シン・ゴジラ」が公開となりましたので
ネタバレ食らう前に観てきました。

さて、私はもちろんゴジラを見て育った世代ではありますが
初代はリアルタイムではないのでそれほどの思い入れはなく
「ゴジラの息子」や「ゴジラ対メカゴジラ」とかの世代です。
ですから熱心なファンには怒られそうですがそれなりに知ってるし
それなりに好き、と言う所でしょうか。
平成以降のゴジラに関しては(ハリウッド版含む)まぁ・・・
悪くはないんじゃないの、というスタンスでした。
そんな自分が見た「シン・ゴジラ」の感想は・・・

まずここまで読んでまだ観に行ってない人は
とにかく行く事をオススメします。
なるべく頭を白紙にして観に行ったほうが絶対面白いタイプの映画です。
あまり人の感想を読んでいかないほうがいいですよこれ。
特にエヴァが好きな人は必見です。

以下の感想はできれば鑑賞後にお読みください。




















正直な所あまり期待しないで観たのですが・・・
クッソ面白かった!!!
もしかしたら今まで観たゴジラ映画の中でも断トツに好きかもしれません。
日本のゴジラはあえて「昭和の特撮感」を残しているものが多いですが
今回の庵野監督解釈のゴジラはまさに得体のしれない怪物として
描かれています。ハリウッドゴジラやクローバーフィールドの巨大生物とも
違う・・・人間から見て果たしてこれは生物と呼べるのか?という感じです。
一番近いのはやはりエヴァンゲリオンの使徒でしょうか。
内容的にもエヴァという対抗手段がない状態での人類対使徒という感じですね。
しかも要所要所でエヴァ風のBGM(ダンッダンッダンダンドロロロロみたいな)
が流れるので見ていて「あれ?これゴジラだよね・・・?」ってなりますw
もちろん旧ゴジラのBGMもふんだんに使われているのでご安心を。

一番印象的なのはゴジラの姿が最初にハッキリ見えるとこですね。
多分殆どの人が「え、なにこれキモッ!」と思うのではないでしょうか。
そして多くの人が「ああこいつはアレだね、ゴジラの餌だろ」と思わせておいて・・・
という展開が中々心憎い。
全体の尺の中ではゴジラ自体が暴れるシーンは意外と少なめで
殆どはゴジラに対抗する政府の人間達の会話劇で成り立っています。
ですから子供向けの怪獣映画ではありませんでしたね。
普通なら其の点はマイナス要因ともなりえますが(余計なラブシーン入れたりね)
今回はかなりドライと言うかドキュメンタリー風の作りになっていますので
ゴジラシミュレーションとしてもかなり見応えがあります。
割りとありがちな主人公の家族や恋人がピンチに~というのは一切無く
ある意味ドライですがそのおかげでリアル感のある現場になってると思います。

対抗する兵器も現在の装備に則ったものでメーサー車みたいな秘密兵器は
出てきません。そんな兵器でどう対抗したのかは見てのお楽しみw
終盤は意外なものでゴジラを○○します。
CGに関しては不満という意見も見ますが僕はあれで良かったと感じました。
庵野監督が表現したかったものがきちんと表現されてるという意味で。

主人公が極力ヒーロー性を排除してるのも好感が持てます。
あくまで仕事としてやりぬいた感が心地いい。
役者的には現総理と臨時総理が中々いい味を出しています。
全般的に特撮特有の演者が浮いた感じがないのが良かったかな。

まぁとにかくこの作品は一見の価値あり!です。
是非早めに劇場で鑑賞することをオススメします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
シン・ゴジラ|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/07/30 01:46

映画『ファインディング・ドリー』感想

ファインディング・ドリー

『ファインディング・ドリー』 原題:Finding Dory

監督 アンドリュー・スタントン
共同監督 アンガス・マクレーン
製作 リンジー・コリンズ
製作総指揮 ジョン・ラセター
原案 アンドリュー・スタントン

ピクサーの最新作「ファインディング・ドリー」が公開になったので観てきました。
実は前作に当たる「ファインディング・ニモ」は日本で記録的ヒットとなったにも関わらず
ピクサー作品では唯一通しでちゃんと観たことがない作品でした。
TVでは何回か放映していますが毎回途中の同じ所から見てるような・・・
きちんと鑑賞するタイミングを失ってしまったのでまぁいいかという感じでしたが
一昨日に公開記念でTV放映してたのでやっとちゃんと観ることが出来ました。

で、ニモの方は確かに良い出来だと思うし泣けるけれどピクサーの中では
それほどでもないかなという感じですかね。まぁ好みの問題ですが・・・
ただその中でドリーはかなり特殊なキャラクターでしたので
今回は主役ということで気になって観に行ってしまいました。


さて、感想ですが・・・
メチャメチャ泣いた。
いや、自分は涙もろいので大抵の作品で泣くんですけど(デッドプールですらw)
今回はかなり涙腺破壊力高いです。
もちろんディズニーピクサーだからハッピーエンドは確約されているわけですが
それでもやっぱりあのシーンはジーンと来ます。
ちょっと「幸福の黄色いハンカチ」を思い出しますね。(おっとネタバレ)
前作よりもアクションシーンがかなり多くまた舞台が水族館ということもあって
その部分もとても楽しめました。そこらへんはトイ・ストーリーの1と2の関係に
近いでしょうか。(アクションがより派手に、ありえない感じのw)
時間を忘れて楽しむことが出来ました。
今作は老若男女問わずオススメ出来る作品ですが親子で鑑賞する場合
親の方が泣かされる率高いかもしれませんのでご注意。


その他なるべくネタバレしない程度の部分
・タコは良い奴だがイカは怪物という深刻なイカ差別問題
・タコは結局それで良かったのか?
唐突な八代亜紀www英語版だと誰だったのでしょうか・・・
・トラックのシーンはさすがにやりすぎか
・前作の1年後なのでニモがちょっとだけ大きくなってる
・ラストのオマケシーンで前作ラストの伏線回収・・・って無理すぎるだろw

あと今回オマケのショートムービーはかなり好きですね。
これ観るだけでも行く価値あり、です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ファインディング・ドリー|映画情報のぴあ映画生活

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/07/17 23:51
 | HOME |