スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『デッドプール』感想

デッドプール

『デッドプール』 原題:Deadpool

監督 ティム・ミラー
脚本 レット・ニース
   ポール・ワーニック
原作 ファビアン・ニシーザ
   ロブ・ライフェルド
製作総指揮 スタン・リー

ファーストデイと言う事で本日公開のデッドプールを観てきました。
デッドプールはマーベル・コミックに出てくるキャラクターで
日本ではアニメ「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」に登場している
特殊能力を持ったヒーロー?だが基本的に傭兵なので金次第で
正義側にも悪側にも付くというちょっと変わった立ち位置のキャラクターだ。

映画はほぼ前情報無しに観てみましたが結構面白かったですね。
X-MENやアベンジャーズはそれほど好きではないんですがこれは
正義とは関係ないヒーローアクション映画という所が良かったです。
一応話としてはデッドプール誕生と復讐までという感じで特に捻りはないのですが
その分割りとボーッと観てても楽しめるというか。
「悩めるヒーロー」は食傷気味だったのでこういう単純明快なのは
いいですね。ただアクションはかなりえげつなくて下ネタも多いので
ヒーロー物としては珍しくR15+に指定されています。

主人公の能力が不死身と言うある意味究極ながら地味なものなので
アクションはそれほど期待していませんでしたが思いの外良かったです。
後半はX-MENからの応援もあるのでそれなりに派手なアクションが
楽しめました。
ただ予想していたよりはギャグは少なめかな。Tedぐらいにギャグ寄りかと
思っていましたが全体的には割と普通のヒーロー物に近い仕上がりという感じ。
今回は字幕版を観ましたが吹き替え版のほうがノリはいいかも?

好きなシーンはタクシーでのトランクの中身についての運転手との会話かなw
あとヒーロー物としては異例のおっぱいぽろりもありますw
エンドロール冒頭はちょっとしたアニメになってるのも面白い。
またエンドロール後には少しだけおまけシーンもあるので見逃さないようにしましょう。

燃えるタイプのヒーロー映画ではありませんでしたが
恋愛?部分は割りといい感じなのでカップル向けの映画かもしれません。
続編の話もあるようですがキャラクター的に続編からが本番という
感じかと。(シリアス抜きに暴れられるという意味で)
普通のヒーローには飽きたという人にオススメします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
デッドプール|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/02 02:10
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。