映画『テルマエ・ロマエⅡ』感想

テルマエ・ロマエⅡ

『テルマエ・ロマエⅡ』

監督:武内英樹
主演:阿部寛 上戸彩


恒例映画の日は『テルマエ・ロマエⅡ』を観てきました。
それほど観たいわけでもなかったけれど前作も見てるし一応
観ておくかと。

↓前作の感想
映画『テルマエ・ロマエ』感想

前回とキャストも同じでお話としても似たような展開でしたね。
前回では尺の関係で入れられなかった原作のネタが結構入ってるのが
良かったです。
細かいネタが入って笑いどころも多かったのですが中盤以降ちょっと
テンポが落ちたのが残念ですかね。それでも前作が楽しめた人なら
問題なく楽しめるかと思いますが。

また今回は日本の力士が登場しますが日本相撲協会の全面協力で
曙&琴欧洲を含む17人の現役・元力士が登場していて
見どころとなっています。特に曙はかなり出番も多く
劇中でも活躍します。久しぶりに見たけどお元気そうで何より。

コロッセオを含む巨大なオープンセットもすごかった。
ていうかCGだと思ってたからラストでちょっと驚きましたw
撮影地はブルガリアということですが前作がヒットしたこともあって
結構お金掛けてる感じ。(コロッセオ鳥瞰とかはさすがにCGですが)

何も考えずに楽しむにはちょうどいい映画だと思います。
↓以下ネタバレありの感想


















上戸彩は別に嫌いではないけれどどうも彼女が絡むとテンポが悪くなる感じが
もったいない。原作でもヒロインが登場しますがそちらはもっと知的なイメージで
ルシウスと話ができる理由付けも一応ちゃんとしてるのに対して
映画はちょっと無理があるかなと。映画では今回もラストはあやふやで
続編が作れる仕様ですが続編で原作準拠のラストにいけるのかどうか
気になります。(原作ラストは賛否両論ですが自分は結構好き)
ネタで面白かったのはルシウスが間違えてビデを使うシーンかなw
あと松島トモ子が昔のあの事件ネタで出ています。
見どころといえば上戸彩が混浴シーンで奮闘していますが
ケツ丸出しの阿部ちゃんを見習って尻ぐらい見せるべき。

前作で元の時代に帰る方法が明示されたせいか
タイムスリップにどうやって戻るのかという緊迫感が無くなったのが残念。
とは言えあの力士たちがどうやって帰還したか謎wwww
ヤマコシマミ=ヤマザキマリ(原作者)という流れは悪くないけど
名前の時点で想定できるからなぁ・・・そこらへんもうちょっと
上手くやってくれたらもっと良かったと思います。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
テルマエ・ロマエII@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/02 00:49
 | HOME |