スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『たまこラブストーリー』感想

たまこラブストーリー

『たまこラブストーリー』

監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:堀口悠紀子


タイミング良く時間が空いたので本日公開初日の『たまこラブストーリー』を
千葉の京成ローザウェストで鑑賞してきました。
この作品は京都アニメーションのTVアニメ「たまこまーけっと」の劇場版です。
スタッフはあの「けいおん!」と同じ顔ぶれですね。

実はこのTVシリーズは2話までしか観ていませんでした。
というのは自分の地域では放送されてなかったから・・・
アナログ時代はTOKYO MXが辛うじて視聴出来ていたのですが
地デジになってからはまったく見られず、
仕方がないのでDVDレンタルで見ました。
しかしTVシリーズをレンタルで観るのは結構めんどくさいというか
まとめて観るには長すぎるし・・・

2話まで観た感じではけいおん!ほどハマる要素は無いが
ホームコメディドラマとしてそこそこ楽しめるなという印象でした。
観れば楽しめるけど急いで借りに行くほどでは・・・というとこでしょうか。
そんなわけで一応キャラの顔と名前ぐらいは一致しますが細かいとこは
知らないという状態で今回の劇場版を鑑賞しました。

感想は・・・うーん、この手の映画の感想は難しいですねw
めちゃくちゃ王道的な青春恋愛もので
わかりやすく言うとゆるい「耳をすませば」という感じ。
あの作品は男主人公がかっこ良すぎるとか幼なじみを振るキツイシーンが
あったりとかしましたが
この作品ではそういうキツめのシーンはなく全体的に緩めになっており
恋愛モノが苦手な観客でも比較的生暖かい目で観られるようになっておりますw
お話自体は割りと男女問わずオススメできる手堅い展開ですね。
意外性はないけど楽しめました。

みどりちゃん絡みの部分はTVシリーズをちゃんと見てる人には結構グッと来る
らしいのですが自分はまだ見てないので正直それほど・・・
ここらへんはTVシリーズを全話見たら大分印象が変わるとこかもしれません。

以下ネタバレあり?な感想















TVシリーズで準主役の喋る鳥デラは本編では登場しません。
が、冒頭部分がおまけのショートアニメ風になっており
そこでデラやチョイなどの現在の様子が描かれています。
TVシリーズでは日常世界に非日常的な彼が登場することによる
ドタバタ劇でしたが今回は本当に日常オンリーでしたね。
内容的には実写でも行けそうな感じですが実写だとやっぱり
生臭くなっちゃうんだろうなぁ・・・

TVシリーズ自体結構作画レベルが高かったので特に劇場ならでは
というシーンは無いように思えました。もちろん山田監督の良さは
十分出ていたと思いますがもう一息何か欲しかったかな。
個人的に良かったシーンはたまことみどりちゃんが早朝の体育館で
練習してるとこかな。あそこはもうちょっと見ていたかった。
あともち蔵の告白後のたまこのリアクションとそこから続く混乱状態が
良かった。なんかニヤニヤできるというか・・・

登場キャラではかんなちゃんがすごく好き。
彼女のトボけたしゃべり方が特に気に入ってて
もう一日中彼女の喋りを聞いていたい気分ですねw
劇中での役回りもよかった。
TVシリーズではメガネの子(朝霧さん)の評価が高いようですが
劇場版ではそれほど・・・近いうちにTVシリーズも見たいと思います。

お話としてはTVシリーズ見てなくとも楽しめますので
肩の力を抜いた恋愛モノが見たい方にオススメです。

おまけ
パンフと特典ポストカード
たまこラブストーリー

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
たまこラブストーリー@ぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/27 02:00

アマゾンでS120が・・・

一昨日の晩のこと
ぼんやりとネットしてた時に
アマゾンでCanon S120が9180円で売ってるぞ!という情報を目にして
すぐに行ってみたら本当に9180円で売ってた!
まぁいつもの誤表記だろうとは思いましたが
カートに入れてしばし逡巡・・・
結局カートから戻してしまいました。

なんでやめたかというと
あまり余裕がなかったので無駄な出費は避けたいというのと
誤表記に乗っかって注文するのはなんだかあまり行儀がいいとは
言えない気がして。
普通に特価大処分なら買ってたかもしれません。

で、情報でたとこの掲示板でその後の経過を見てみると
本当に買えちゃった人とキャンセルされた人がいる!
というなんだか不思議な状況になっていました。

買えた人の情報を総合すると
・早めに時間に注文
・クレカ払い
・プライム便
の人が買える率が高かったようです。
どうも在庫の出荷分はアマゾンが気づいて停止する前に出てしまったから
ということらしいですね。
在庫出荷に間に合わなかった人たちはキャンセルメールが来たそうです。

中には二台(色違い)注文して買えた人もいて
やっぱりポチっておくべきだったか・・・と
なんかモヤモヤ気分(´・ω・`)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/20 02:26

Windous8.1inSSDの起動速度

さて、XP、Win7、Win8.1と3台揃ったとこで
起動や終了に掛かる時間を計ってみました。
といってもWin8.1はシステムドライブがSSDなので
比較にはなりませんが参考までに。

XP:1090T/FX540/HDD
Win7:955BE/HD7770/HDD
Win8.1:FX6300/GT610/SSD
といった構成になります。
起動はマザーのBIOSにもよりますし
また終了は常駐ソフトやドライバにも影響されるようです。
起動においてはスイッチオンからログイン画面が表示されるまで
終了は本体のファンが停止するまでとします。

グラフ化したものがこちら
起動時間
XPの場合スリープじゃなくてスタンバイですね。
Win7のスリープが遅いのはなんらかのソフトが邪魔してるからかもしれません。
随分再インストールしてないので入れなおせばもっと速くなるかと思います。

起動時間はSSDが圧倒的に速いですね。
自分の場合あまりシャットダウンしないのであまり恩恵はありませんが
Windowsアップデートやソフトのインストールで再起動をする時に
楽でした。
ソフトの起動時間はWin8.1機に時間がかかるソフトを入れてないので
よくわかりませんでした。

とは言え、今システムドライブで使うならSSDがオススメでしょうね。
ここのところやや値段も下がり基調ですし。


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/03 23:38

桜2014

今年も桜の季節ということでS95で撮影したものを何枚か。
canon S95

canon S95

canon S95

canon S95

canon S95
ちなみに場所は船橋某所

canon S95

おまけ 夕景の桜
canon s95
そろそろもう一段画質が上のカメラも欲しいけど
コレで十分という感じも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
デジカメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/03 16:59

映画『ロボコップ』感想

ロボコップ
『ロボコップ』(原題:RoboCop)

監督ジョゼ・パジーリャ
製作マーク・エイブラハム

今日は映画の日 ということで行ってまいりました。
毎月1日は全国どこの映画館でも一律1000円の映画の日ですが・・・
当然のことながら1100円に。いや・・・消費税5%から8%の値上げなら
1030~1050円じゃないのかと。便乗値上げかっ!
まぁ値上げ自体はそれほど抗議する気もないですけど
「1000円デー」っていう売りなんだからそこは頑張って1000円で
やるべきではないですかね・・・(映画館別のサービスデイは1100円としても)
ちなみに通常の料金は変化なしで割引料金のみの値上げだから
実は結構がんばってるんですけどね。>映画館

消費税の愚痴はさておき
ちょっと遅くなりましたが『ロボコップ』を鑑賞しました。
プレミアスクリーンになってたのでちょうどいいかなと。
旧作ロボコップに関しては説明するまでもないでしょうが
ポール・バーホーベン監督の出世作でありB級ながら大ヒットとなった名作です。
大人の鑑賞に耐えうるヒーロー像として後の作品群に与えた影響も大きいと
言えるでしょう。
もちろん私も公開当時に劇場で鑑賞しましたが非常に良かった印象があります。
ちなみに原作小説まで買いましたから・・・
当時はまだそれほどCG技術が高くなかったですから映像的にはそれなりに粗が
ありますがそういう部分も含めて楽しめる作品でしたね。

CG全盛の現在、あれをリメイクしたらどうなるのかというのは
誰もが考えることですが逆にああいった完成度の高い作品に
手を加える意味がどこまであるか・・・という不安も感じていました。

感想を一言で言えば
期待しないで観たら結構いいよ。
というところでしょうか。
全体的に悪くないし旧作より良い所もあるけれど
悪くなってるとこも何点か見られました。
まぁこういうリメイク・リブート作品は旧作をリアルタイムで
観てない人向けだとも思っているのでそういう層においては
満足度が高い作品なんじゃないかと思いました。
旧作では主人公はいくつかの記憶は取り戻すものの無感情な部分は
変わりませんでしたが今回はもちょっと人間臭い感じで
そこが評価の分かれ目かもしれませんが自分は割りと
楽しめました。
↓以下ネタバレありの感想























今回は全身が黒というちょいワルデザイン
になりましたがそれにちゃんと説明があるのは良かったですね。
その時にちょっと旧作のデザインが出るとこもニヤリとさせられます。
アクションとしては元々俊敏な動きのヒーローじゃないので
あまり変化は感じられませんね。CGでいくらでもなんとか出来そうですが
「アイロボット」みたいな動きにされてもなと思うのでこれで
正解かと。
旧作ではストップモーション撮影が印象的なED209ですが
さすがに今回はフルCGとなっています。これは残念だけど仕方ないですね。
結構旧作オマージュ的な部分が散りばめられていてED209が
人を殺してしまうシーンとかかなりシチュエーションを変えてあるのは
良かったです。
マーフィーがロボコップになった時には感情があって
その後色々あって無感情にさせられてしまうという流れも
なんだかどんどん旧作のロボコップになっていくみたいで
面白かったですね。乗り物がパトカーからバイクになったのは
かっこいいけどバイクならではのアクションが薄い印象。
「キック・アス」でヒット・ガールが見せた乗りこなしのほうが
良かったですね。
あとロボコップみたいにごついプロポーションだとSSより
アメリカンの方が合ってるような気もします。

旧作に比べてかなり気になったのはやっぱりラストのあれですかね・・・
「おまえはクビだ!」で撃てるようになるという仕掛けが痛快だっただけに
よくわからないけど根性でなんとかしましたというのではさすがに
説得力が・・・まぁ感情を取り戻すプロセスも曖昧でしたし
そこらへんは旧作を超えるネタがなかったという印象なのは残念です。
あとルイス巡査を黒人男性にしたのは・・・まぁ旧作と違って
家族と再会できるラストなのでヒロインは邪魔ってことでしょうか。
黒人男性から黒人女性に変わった署長もその後どうなったのか
説明不足かなぁ。
感情のあるロボコップは見てみたいとは思ってたのでその点については
良かったです。また旧作ほどではないけどそれなりにえげつない描写も
ありますし
全体的にダレるとこも殆ど無くラストにあのカラーになるとことかすごくいい。
ということでロボコップ好きなら見ておくべきだし
デートムービーとしてもいいんじゃないかなと思います。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ロボコップ@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/02 01:22
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。