映画『かぐや姫の物語』感想

かぐや姫の物語

『かぐや姫の物語』

監督:高畑勲
脚本:高畑勲 坂口理子
製作:氏家齊一郎

映画の日ということで
去年から行こうと思いつつなかなか行けなかった『かぐや姫の物語』を
観てまいりました。
レイトショーも終わって今行かないともう機会がなさそうだったので・・・

まず観終わっての感想は
「凄い。けど普通。」
ってとこでしょうか。

アニメーションに関してはもちろん凄い手間が掛かってるのはわかるのだけれど
ディズニーのフルアニメーションや日本アニメの「線の多いものがヌルヌル動く」
みたいなものではなく、上質な絵本の挿絵がごく自然に動いているという印象。
本当は凄いんだけど凄さが目立たないようになってる。
例えるなら「一流シェフが作った肉じゃが」みたいな。
動きで鳥肌が立つタイプのものではないけど展覧会の絵を鑑賞するような
ゆったりした気分で観ることが出来ました。

それはストーリーに関しても同様で
プロットはまったくかぐや姫そのまんまと言っていいものなので
初見では「かぐや姫だなぁ」ぐらいにしか思えませんでした。
しかし色々解説や考察なんかを読むとなるほどなぁとも思うので
2回目以降は多分違った印象になるのだろうとは思うけれど。

公開直後に見ておけば良かったのですが
時間が経ってしまったために今回の新解釈部分を期待しすぎて
肩透かしっぽく感じてしまったのが残念かな。
(もっとわかりやすい新展開を期待してしまったので)

アニメーションとしては長めの尺だし展開もわかってるのに
全然観ていて飽きないというか観疲れしないのはすごい。
特に序盤のずんずん成長していく様はいいですね。
後半では予告でもやってた疾走シーンがやっぱりイイ。

今回おじいさんの声を当ててるのは故・地井武男氏ですが本当に上手い。
姫が歩き出すのを泣いてるのか笑ってるのかわからない声で
応援するとことか本当に良かった。
ちなみにこの作品はプレスコ方式(音声を先に収録してそれを元に絵を作っていく)
なので亡くなる前に収録済ですが一部録り直し部分があり
そこは三宅裕司氏が吹き替えています。(どこかわからないけど)

追加のオリジナルキャラクターとして捨丸、女童、相模がいますが
どれもキャラが立っていて良かったですね。
特に相模はハイジのロッテンマイヤーさんみたいで面白かった。

終盤で捨丸が姫と真っ逆さまに落ちるシーンは
「あ、ここで死んであとは霊体で話が進むのか」とか思った自分は
相当穢れが溜まってますな・・・(-_-;)
あと月からのお迎えの音楽がちょっと意外で笑いそうになってしまいましたw
ここはぜひ聴いて欲しいですねw

まぁギリギリでしたけど劇場で鑑賞できたのは良かったと思います。
多分ビデオ鑑賞ではあまり良さが伝わらないんじゃないかなぁと思いましたので。

そうそう、今回は珍しくレイトじゃない時間帯で鑑賞したので補助席が必要なお子さんを
連れた方もいましたがやっぱりというか子どもが飽きて憤るので2~3回ほど
外へ連れ出すシーンも。なんか申し訳無さそうに抱えてスクリーン下を横切るのですが
その間も子供がスクリーン指さして「こえだえ~?(これ誰?」とか言うものだから
なんか劇中のたけのこ(かぐや姫)がそのまま出てきたみたいでほのぼのしましたw
(個人的には大声で泣かない限り子供の声は不快ではないので)

昨年観た「風立ちぬ」との比較は難しいけれど
個人的にはかぐや姫の方が好きですかね。
もうすぐ公開終了なので未見の方は是非劇場で鑑賞することをオススメします。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
かぐや姫の物語@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/02/02 01:45
 | HOME |