スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『パシフィック・リム』感想

パシフィック・リム

『パシフィック・リム』


監督:ギレルモ・デル・トロ

巷で話題の「パシフィック・リム」近場でレイトが最終上映だったので
滑り込みで観てまいりました。

いきなりですが感想
なにコレくっそ面白ぇwwwwwwwwww
いや~評判は聞いていましたが本当に面白いですこれ。
特にロボットアニメや怪獣映画で育った世代の日本人は
必見の出来。変にハリウッド化されてないというか
(日本の)ロボットや怪獣の良さみたいなものをうまく掬い取って
描かれています。
正直面白さの点で言えば先日観た
マン・オブ・スティールより上かなと。
そしてこの作品は絶対映画館で見るべき。
巨大ロボの迫力は劇場のスクリーンと音響でないと
楽しめません。ビデオだと面白さ半減かな~・・・
とにかく戦ってる間中ニヤニヤしっぱなしでしたね。
怪獣はゴジラ系かと思いきやガメラ系でしたねw
ギ○ンとかギャ○スみたいなまさに怪獣という感じw
ちなみに作中でもモンスターではなく怪獣(kaijuu)と
呼ばれています。ツナミみたいな感じでしょうか。
「風立ちぬ」や「マン・オブ・スティール」といった大作に
隠れてしまった感がありますがオススメできる作品です。
↓以下ネタバレありの感想

















日本製のイェーガーが出てこなかったのは残念でしたが
(一応回想で出てくるコヨーテ・タンゴは日本製らしい)
ヒロインが菊地凛子なのでまぁ良しでしょうか。
作中でちょこちょこ日本語の台詞があるのですが
司令官やローリー(主人公)の話す日本語がいかにも
外人っぽいのはいいとして菊池さんの話す日本語が
下手でびっくりしました。実はそれには理由があって
子供の頃に司令官(多分アメリカ人)に助けられて養子になった
経緯があるので日本語が上手くないという演出らしいです。
日本人からすると「いや、そこまでしなくても・・・」って
感じですがw
しかしこういう映画で日本人が出てくるとテルマエ・ロマエで
言われていた「平たい顔族」というのはぴったりだなぁとw
あとやっぱり外人に比べると表情が少ないんだなと実感。
菊池さんのおかっぱ風の髪型は攻殻機動隊の草薙素子少佐
イメージですかねぇ。

イェーガー(ロボット)のデザインはメトロイドのサムスが
着ているグラビティスーツに似てる感じ。操縦方法も
パワードスーツ的なスレイブ方式でしょうか。
ロボットの動きがもういちいちかっこいいw
胸の前で掌と拳をガシーンと合わせるとことか
ロケットパンチ的なアレとか
飛び道具よりも格闘戦主体で武器に剣もあるとか
監督よくわかってるな~wと。
なんでヒト型かなんて説明は一切なしで「とにかくカッコイイから」
で押し切っちゃう感じがイイw
怪獣相手ならゴジラ対メカゴジラみたいな怪獣型メカでも
良かったんじゃないかなとも思いましたが。
まぁヒト型ロボットが怪獣相手に壮絶な殴り合いをするというのは
観ていてまさに痛快でした。

中盤の香港防衛戦がすごく盛り上がったので一瞬ここで終わり
じゃないの?と思いましたが・・・
そのせいでラストの盛り上がりまで若干ダレるとこが惜しい。
もうちょっとカットして110分ぐらいだと良かった気がします。
あと夜とか海中とか暗い場所での戦いが多かったのが残念。
もっと明るい場所でこのバトルは見たかったですねえ。

ロボット対怪獣の映画を本気で作るとこうなる!って感じで
これは必見の価値ありです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
パシフィック・リム@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(3) | 2013/09/07 02:21

映画『マン・オブ・スティール』感想

マン・オブ・スティール

『マン・オブ・スティール』


監督:ザック・スナイダー


9月になりましたが猛暑がぶり返してきたので
避暑がてら映画館に。ちょうど映画の日だしね。
今回は『マン・オブ・スティール3D吹き替え版』を鑑賞。

タイトルではわかりにくいですが世界一有名なヒーロー
スーパーマンのリメイクというかリブート作品です。
(バットマン・ビギンズ的な)
あのスーパーマンを現代のCG映像技術で作ったらそりゃ
そりゃ面白いに決まってる。まさに鉄板(スティールだけに)
のはずだったのですが・・・
「決してつまらなくはないけど絶賛はできない」というのが
正直な感想。
いや、アクションは確かにすごいし楽しめると思いますが
旧作にあるようなクスリとさせられるとこはバッサリカットされ
全体的に陰鬱な仕上がりになっています。
そういうの好きな人にはいいと思いますが自分はそういうのはもう
ちょっとしんどいというか・・・もっと爽快感がある映画が見たかった
って感じです。
あとこの作品に関しては3Dで観たのは失敗でしたね。
映像はそれほど3D的なチューニングがされておらず
またとにかく動きが速いので3Dだと動きが追えません。
実際2D版の上映回の方が人が入ってましたし。
そのせいで(混んでるのが嫌で)3D版にしたのですが
失敗でしたね。見るなら2D版がオススメ。
↓以下ネタバレありの感想













今回はスーパーマンが誕生してからスーパーマンとして生きていく
事を決断するまでが描かれています。
で、今回の敵役は旧作スーパーマン2に出てきたゾッド将軍一味ですね。
旧作と違うのは彼らは彼らなりの正義を持って行動しているということで
そのせいか戦いにおいての爽快感が失われています。
戦闘シーンもすごいのだけれどちょっと長すぎるというか
旧作のような効果的に魅せる戦いとは違うので見てて飽きてくるというか・・・
もうちょっと見せ場を絞って全体の時間を短くした方が
良かったと思います。
悩めるヒーロー象は最近の主流ですがスーパーマンに関しては
鬱展開よりも爽快感を重視した方が受けがいいようにおもいますがねえ。
(異論は認める)
まぁそんな感じで今回はいまひとつでしたが
これは3部作の第一作になるそうで次回に期待したい所。

今回敵の女幹部がちょっといい感じでしたね。クールビューティーで
旧作より魅力的でした。ゾッド将軍も悪役としては良かったです。
ロイス役のエイミー・アダムスはさすがにちょっと歳食い過ぎじゃね?
とは思いましたけど好演していたと思います。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
マン・オブ・スティール@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/09/02 01:59
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。