ゴリラ復活

1年半前にゴリラの燃料タンクが錆で穴が開いてしまい
動かせない状態になっていました。
で、タンク交換するにも純正は値段が高くてなかなか買えず
そのまま放置となっていましたが
やっと交換することが出来ました。
うちのゴリラは88年式(最終型)でタンクの在庫は既にない状態なので
復活した98年式のタンクにしました。
形状は変わっていないので問題ありませんが
色が同じ物がない(以前は紺/銀)ので
黒/銀のものにしました。
お値段は37590円(消費税込み)


↓以前のタンク
旧タンク

↓新しいタンク
新タンク
新タンク
エンブレムは立体でカッコいい。

フロントフォーク・ライトケース・フェンダー・サイドカバー
は紺色のままですが
ぱっと見それほどの違和感はありません。
ただし98年式からはヘッドライトの形状がモンキーと共通に
なりましたのでこのライトとタンクの組み合わせは
通常は存在しません。ので分かる人が見れば
タンクが違うことに気づくと思いますw

それからタンクに穴が開く前から
キャブが燃料漏れしてたのでついでにパッキンを交換。
キャブOリング
フロート部のOリングがダメになってて
交換後は漏れも止まり快調になりました。
(交換ついでにキャブも清掃したので)
バラした時に写真を撮りたかったのですが
うっかり忘れました・・・
あと1年半放置してたのでオイルも交換しました。

これでまだ暫く乗れそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/28 00:05

映画『LOOPER/ルーパー』感想

映画『LOOPER/ルーパー』感想
ルーパー
監督:ライアン・ジョンソン


八千代緑が丘TOHOの20:25のレイトで鑑賞。
今日はプレミアだったのでゆったりできました。

この映画はネタバレが全て的な部分がありますので
未見の方は読まずに行った方が良いと思います。
一応ネタバレなしの感想としては
絵としては地味だけど話としては結構面白かったです。
感動はしませんでしたがタイムスリップものとしては
よく出来ていると思いました。
ブラッドベリ系のSF短編って感じですかね。
そういうのが好きな人ならオススメです。
↓以下ネタバレありの感想






















この作品、映画としては十分面白いのですが
タイムスリップSFとして考えると
かなり強引ですw
この手の作品はいかにパラドックスを避けていくかが
重要なのですがラスト含めて思いっきりパラドックス無視
って感じなので理屈っぽい人はかなりモヤモヤするんじゃないかな。
というかパラドックスを無視しないと成立しない話ですねこれは。
冒頭の部分、主人公が撃ち殺すシーンは掴みとしてはかなり
良かったです。まるでこの絵が撮りたいためにこの映画作ったんじゃないかと
思うぐらいにw
またルーパーについても説明部分も今までにない設定で
興味をひかれました。

中盤では拷問シーンがちょっと際立っていましたね。
直接そのシーンを描かずに見せるやり方は良かったと思います。
ただあの方法ってあの状態で30年生かされるって事で・・・
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
でもあの状態じゃ逃亡すらできないしパラドックス完全無視ですね。
「ループを閉じる」理由がきちんと説明がなかったのも
ちょっとモヤモヤしました。ループを閉じるのは
いずれ必ず来るという条件設定なのでレインメーカーが
それを行う理由がよくわからないんですよね・・・
超能力設定も本当に必要なのか疑問です。

全体的には殺し屋が主人公ということもあって乾いた画面の
印象が強く「ノーカントリー」をちょっと思い出しました。
まぁアレほど殺伐とはしてないしわかりやすい印象ですが。

パラドックス設定としては「オーロラの下で」が一番近い
感じですがそれと比較するとやや雑というか粗が目立つのが
惜しい感じでした。
過去を変えると未来が変化するというのは魅力的な設定なのですが
未来が変わってしまえば過去に戻って改変する理由も
無くなるという根本的なパラドックスを抱えているので
そこをどう処理するかが問題なのですが・・・

あと主人公の顔が30年後(ブルース・ウィリス)とあまりに違いすぎwww
これがちゃんと似ていたらもっと評価が高くなっていたかもしれません。

鑑賞中も鑑賞後も色々考える楽しさがあるので
観て損はないと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
LOOPER/ルーパー@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/27 10:29

映画『テッド』感想

映画『テッド』感想
テッド
監督:セス・マクファーレン

八千代緑が丘TOHOの21:35のレイトで鑑賞。
一応行く前にチェックしたら空席が△だったので意外と
混んでるな~と思いながら劇場に到着してみると・・・
ロビーが人でいっぱいに。
東京物語もやってるから混んでるのかなと思ったら
殆どテッドの客でほぼ満席状態でした。
レイトのR15+でこの入りは驚きですね。アニメとかの
初日は熱心なファンが詰めかけるのわかるのですが・・・
そして
驚異のカップル率90%wwwwww
そして9.5%が同性連れで
残り0.1%が俺wwwwwwww
肩身狭いwwwwwwwwwww


orz
それほど前評判の高い作品でもなかったので油断してましたが
それは映画館でも予想外だったようで売店ではグッズ類が
ほぼ完売状態でした。
(今回はグッズの扱いはパンフレットのみ
だったようです。もったいない・・・)
先着でもらえるはずのしおりも終了したのか配ってなかったので
この週末は相当興収が伸びるんじゃないかな。

映画は予告で見て面白そうだったんで観に行ったのですが
今回は予想以上に面白かったですね。
序盤から笑わせてくれますしラストまで中ダレせずに進みます。
カップルが多い事からも分かる通り
カップル向けデートムービーとしてもかなりオススメです。
ただし
かなり下品な表現があったりしますのでシモネタで
盛り上がれる間柄なら。という条件付きでw
映画のパロディもふんだんに入ってますので映画好きな
人も元ネタにニヤニヤできるでしょう。
できれば鑑賞前に「フラッシュゴードン」を観て
予習しておくと二割増しで楽しめると思います。

以下ネタバレありの感想



























冒頭部のタイトルバックで子供時代から大人までの思い出の
写真が出てきますがE.T.のパロが受けましたねw
そして雷でテッドがベッドに飛び込んでくるシーンや
携帯の着信音などにも場内が湧きましたw
フラッシュ・ゴードンは昔一回ぐらい見たかなぁ・・・という
レベルですがそれでも面白かったです。
日本で言えば本郷猛(藤岡弘)が登場するような感じでしょうかw
ていうかあんな役でいいのかwww
映画だけじゃなくてスーザン・ボイルネタやノラ・ジョーンズが
本人役で登場するのも面白かった。
そしてシモネタのオンパレードもテディベアがやると
なんか許される気がする不思議wwww
モテモテ&テクニシャンのクマと言うと鷹の爪団の博士に
近い感じですかね。(あっちは本物のクマ設定でしたか)
終盤は一応泣ける展開なのですが今回は絶対ハッピーエンド
なんだろうなという確信があったので泣けませんでしたね。
あとそこに行くまでが結構ヒドイ(笑)ので。
スピルバーグあたりがやったらもっと泣かせてくるんでしょうね。
フラッシュゴードン押しな所から考えてもB級狙いって
感じですがそれでもかなり笑えるし観て良かったですね。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
テッド@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/20 01:55

2013年冬期アニメ

1月からスタートしたアニメの感想をサラッと。

『ビビッドレッド・オペレーション』
『琴浦さん』
『俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる』
『GJ部』
『ささみさん@がんばらない』
『みなみけ ただいま』
『閃乱カグラ』
『gdgd妖精s2』




『ビビッドレッド・オペレーション』
ストパン(ストライクウィッチーズ)のパクリとか言われてますが
そちらは殆ど見てないので割りと楽しめました。
特に爺ちゃんのキャラが立ってて良かったですね。
まさかの爺ちゃんマスコットキャラ化に吹きましたw


琴浦さん

『琴浦さん』
1話の冒頭10分がwwwwwwwww
詐欺ってわヶでもないけど鬱描写徹底しすぎだろ!
一応ギャグ系ラブコメなんですけど「みつどもえ」スタッフ制作
ということでモブがみつどもえっぽい感じでしたね。
割りと楽しめそう。


修羅場

『俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる』
ラノベらしいラブコメって感じですが2話観た感じだと
多少はシリアス要素もありか?
ヒロインの性格がなかなか面白いので様子見。

『GJ部』
う~~~ん、これはちょっと合わないかも。
アニメとしての出来は悪くないけど・・・

『ささみさん@がんばらない』
一話の時点ではよくわからない感じ。
しかし大塚 芳忠さんの妙なテンションが面白いので
しばらく観るかも。

『みなみけ ただいま』
4期ですが全体的に1期に戻った感じですかね。
ギャグスタイルはほぼ完成してるので安心して見られますが
今期の息抜き枠。


閃乱カグラ

『閃乱カグラ』
「貧乳は人にあらず」なアニメを思い出しましたw
おっぱい鑑賞枠ですかね・・・。


gdgd妖精s

『gdgd妖精s2』
1期と変わらず、いやむしろ更に調子に乗ってますなぁw
前回は完全にダークホースでしたが今回は最初から注目枠ですね。
今のところ今期イチオシ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/13 06:39

映画『フランケンウィニー』感想


フランケンウィニー

『フランケンウィニー』
監督:ティム・バートン


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、12/31に『フランケンウィニー』を観てきましたが
年越しで感想を。

前編モノクロのストップモーションアニメというティム・バートンらしい
作品ですが元々は1984年に同監督が作った短編作品の
セルフリメイクになっています。
元作品は『ナイトメアビフォアクリスマス』に収録されているらしいので
多分自分も見ていると思うのですが古くて記憶に残っていません。
ですので今作はまぁ新鮮な気持ちで鑑賞できて良いのですが。
ストーリー的にはあまり捻りなく予告編そのままという感じでした。
題材としてはホラーなんですけどどちらかというとハートウォーミングな
展開となっております。
テンポも良く飽きないように見せ場が作られているので
お子様や家族での鑑賞もオススメです。
以下ネタバレありの感想




















いつもの、というかいつも以上にティム・バートンの趣味バリバリ
という感じでしたね。
とにかくスパーキーが動きまわってるの見てるだけで楽しいというか
監督がすごく犬が好きなのが伝わってきて良いですね。
(それに対して猫の扱いの酷さwww)
また全編にわたって古いホラー映画のパロディを入れてるので
その元ネタ探しも楽しめます。
特に「フランケンシュタインの花嫁」誕生には吹きましたw
後半ではジュ○シック・パークやグレ○リン、そして
ガ○ラ、ポ○モンのパロディまであって世代を超えて楽しめます。
登場人物もみな一癖ある感じでなおかつ憎めないキャラクター
というのがなかなか良いですね。
あとこの手の作品には珍しく日本人のキャラ(トシアキ)がいて
彼の立ち位置は従来の日本人キャラとは違ってて面白かったです。
(英語がわかる人だとちゃんと日本人訛りの英語になってるそうで)
あと普通に日本語も喋ります。(ネイティブ発音で)

ストーリー的にはもうちょっと掘り下げても良かったかなと
思いますけど元作品からあまりかけ離れたくなかったのかもしれませんね。
ラストは割りとあっさり系ですが自分は結構気に入りました。

一番良かったシーンはスパーキーが自分の墓の上で
丸くなって眠るとこかな・・・ここはすごく切ない感じで
泣けてきます。
終盤の火事シーンでは同じくディズニーの「ボルト」を
思い出しますね。
ホラー愛と犬愛に溢れたこの作品。
新年の鑑賞にもオススメします。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
フランケンウィニー@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/02 00:24
 | HOME |