スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

HD7770とCPU-Zに関するトラブルについて

先日ビデオカードをHD4670からHD7770に交換したのですが
いくつかのトラブルが起きましたのでそれについての詳細と
解決法を書いておこうと思います。

構成
CPU:PhenomⅡ955BE
MB:Asus M4A89TD Pro/USB3
MEM:Team 1333 4G*4
VGA:Asus HD7770-DC-1GD5
電源:Antec EA-650
OS:Windows7 Pro 64bit


トラブル1:デスクトップの表示がおかしくなる。
起動後しばらくするとデスクトップの下半分の表示が
更新されなくなります。例えばデスクトップのアイコンを
並べ替えた場合、上半分は正常に表示されますが下半分は
以前のままの状態です。下半分のアイコンをクリックすると
並べ替えたもの(表示と違うもの)が起動するので
表示のみおかしいという状態。

解決:ドライバを最新のものにする。
使用していたドライバはASUSで配布している最新のものでしたが
そのバージョンが古かったのが原因のようです。AMDの最新ドライバ
12.8にアップデートした所この現象は起きなくなりました。


トラブル2:スリープ復帰で失敗する。
スリープからの復帰で画面が出ずに真っ黒という状態。
電源ボタンで強制的に再起動させると「Windowsを再開しています」
の表示の後にブラックアウト(左上カーソル点滅)
そこから数分後に画面が出ることもあればそのままの場合や
再起動が掛かることもあり。
頻度は5~7回に1回程度。

解決:ドライバを更に最新のものにする。
公式の最新12.8から12.9βに変更。
以降は一度も起きていないので一応解決とする。


トラブル3:CPU-Zを起動させるとフリーズする。
CPU-ZやOCCT、HWMonitorを起動させると画面が一色になり
(青だったり白だったり黒だったり。)フリーズして
強制再起動するしかなくなる。

これが現在進行形の問題。
このトラブルに関しては上記の構成ではほぼ発生しません。
しかしTeam 1600 4G*2のメモリに交換すると100%発生する。
となればメモリに問題が?と思うが
1600のメモリでもMEMTEST86+やPrime95ではエラーが出ません。
それと以前にHD4670の時には1600のメモリでも発生しませんでした。
つまり
HD7770と1600のメモリで発生する。
しかしTeamの安物メモリではそれ自体の信頼性に欠けるので
他の1600のメモリで検証する必要がある。

そこで今回購入したのが
Sanmax Elpida 1600 8G*2
メモリの中では鉄板と呼ばれる部類の信頼性であり
これで発生しなければTeamメモリが原因ということになります。

結果
やっぱり発生する。
Teamメモリ無罪確定orz
とりあえずSanmaxメモリの設定を見なおして検証。
すると以下の条件なら問題ないことがわかりました。

(○は問題なし。×はフリーズ。)
○ Team 1333 4G*4(設定:全てAuto)
× Team 1600 4G*2(設定:全てAuto)
× Sanmax 1600 8G*2(設定:全てAuto)
× Sanmax 1600 8G*2(設定:1600固定 11-11-11-30-41に手動設定)
× Sanmax 1600 8G*2(設定:1333固定 他Auto)
○ Sanmax 1600 8G*2(設定:1333固定 9-9-9-24-33に手動設定)

1600を1333設定で起動したCPU-Z
1333設定
1333設定


ネット上でも複数の人が同様の症状を報告していますが
その構成から条件を絞り込んでいった結果、

・AMD(PhenomやFXでも発生)CPU
・SB850(未確認)
・HD7770/7750
・DDR3 1600(1333でも稀に発生する)
・Win7 64bit

上記に全てに適合すると発生するようです。
また990FX+SB950では発生しないという報告もありましたので
SB850(もしくはそのドライバ)が原因の可能性も高まってきました。

報告は以上です。
あとはドライバの更新かCPU-Zのバージョンアップ待ちですかね・・・。
また進展したら報告したいと思います。


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/22 16:49
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。