映画『アベンジャーズ』感想

120507_avengers_main.jpg

『アベンジャーズ』3D/字幕版


14日はサービスデイなので「アベンジャーズ」(先行上映)を
観てきました。
まずはネタバレ無しの感想。
さすがに金が掛かっているというか素晴らしいアクションシーンの連続で
お腹いっぱいという感じです。ヒーローそれぞれの掘り下げはさすがに
浅いかなとは思いますがそれをやってるといくら時間があっても足りませんし
世界観の異なるヒーロー同士が助け合い戦う姿はお祭り映画として
最高の出来でしょう。ヒーローそれぞれに見せ場を作っているので
ちょっと上映時間が長いかなとは思いますがダレることはありませんでした。
ヒーローアクションでスカッとしたい方には一押しの作品です。

↓以下ネタバレありの感想















自分の場合、アイアンマンがテレビでやってる時に
ちょこっとチラ見した程度でまともに観たのは殆ど無いという状態。
それ故にちゃんとそれぞれの映画を事前に見ておけば
もっと楽しめたんじゃないかな~と思いました。
初見でも問題ないようには作ってありますけど
所々「今のシーンは知っていたら笑えるのではないだろうか?」というのがあり
若干置いてきぼり感が。
特に中盤で○されるフィル・コールソンですが
実はこの人それぞれの作品にクロスオーバーで出演しているエージェントなんですね。
そういうの全然知らなかったので○されてそれがきっかけで団結という流れに
「このおっさん何者???」って感じでいまひとつ乗れませんでした。
ヒーローの中ではアイアンマンがやはりメイン級の活躍でしたね。
最後に決めたのも彼でした。そして最も意外な活躍を見せたのが
インクレディブル・ハルクですね。
もう反則的に強い。強すぎる!
スーパーサイヤ人並の強さです。なんとか対抗できるのは「神」であるマイティ・ソーぐらいという。
しかもラストでは結構おいしい役回りですし、この作品でハルクファンが増えそうですね。
個人的にはクラシックなキャプテン・アメリカが気に入りましたが
さすがに盾以外の装備作ってやれよ!って感じw
超人だらけの中では地味でしたねえ。でもかっこいい!
ラストでちょっと次回の伏線?も張っていますので
続編出るんじゃないかな。
あとエンドロール後にちょっといいカットが入っているので
最後まで席を立たないように。(このカットはアメリカと日本版のみらしい)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
アベンジャーズ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/15 22:24

映画『プロメテウス』感想

プロメテウス

映画『プロメテウス』

さて二本目はあのエイリアンシリーズ最新作と言うことで
注目を集めていた『プロメテウス』です。
全米公開後の評判が今ひとつということで期待せずに観てみましたが・・・
結構面白かったです。
企画段階では「エイリアン」の前日章とされていましたが
惑星も時間軸も違う外伝的な話でした。
(年代的にはエイリアンから二年後ぐらいらしい)
エイリアンで登場した謎の古代宇宙船とその乗組員(スペースジョッキー)の
謎が明らかにされます。
1に繋がると思って観るとかなり辻褄が合わなくて
イライラする可能性もあるのでご注意を。


↓イカ、いや以下ネタバレありの感想。













「エイリアン」は劇場でリアルタイムで観て2は面白くて二回も観に行ったぐらい
好きですが3と4はそれほどでもない。という感じのわたくしですが
今回の「プロメテウス」は面白かったです。監督が1のリドリー・スコットだけあって
かなり1リスペクトな内容。なにしろヒロインからして
リプリー(シガニー・ウィーバー)に似てるしw
アンドロイドが破壊されるシーンなんかも1と同様ですね。
1がスペースホラー、2が戦争モノだとすると今作はかなり
SF的な比重が大きい作品に仕上がっています。
もちろんエイリアン(ていうかその原型的怪物)も登場しますが
メインテーマはあの謎の巨大宇宙人ですね。ここらへんはちょっと
ジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの」っぽい感じでした。
巨人である点も似ていますね。
ただ言葉とかが通じるわけでもないので本当に何者なのかは
わからずじまいでした。(エイリアンをどうやって創りだしたのかも同様)
そこら辺の説明は続編があるとかないとか・・・
ただしある程度観客が類推できるようには作られていますので
わけがわからないという事はないと思います。
後半で登場するエイリアンはあのギーガースタイルではなく
まるでイカのようなよくわからない形状です。ラストではあのスタイルに近い
形になりますが・・・
映像技術(主にCG)は過去作よりも格段に進化していますので
それだけでも見る価値ありです。特にあの宇宙船を動かすシーンは
必見ですね。あのコクピットはこうなるのかと・・・
もちろんいつも通りのモンスタームービーとしてもちゃんと出来てるので
グロ目的で鑑賞してもOK。
一応ツッコミどころとしては
・なんでアンドロイドは博士にあれを飲ませたのか?
・自力帝王切開後にあんなに動けるのかよ
・結局あの女性は人間なの?アンドロイドなの?
・異星人の宇宙船を動かせるとかどんだけ高性能アンドロイドだよ
・社長は地球で冷凍睡眠してれば良かったのに
などなど。
ですがそれほど引っかかる部分でもないので
面白さには影響はないと思います。
あまり期待しすぎると肩透かしを食らうかもしれませんが
SFとしてはなかなか良い出来だと思われますので
あまり先入観なしに観たほうが良いと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
プロメテウス@ぴあ映画生活
映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/08/12 03:10

映画『メリダとおそろしの森』感想

今日は時間があったので久しぶりに映画をはしごしてみました。
ちょうど鑑賞ポイントも溜まっていたので・・・
1本目は『メリダとおそろしの森』17:30~19:30
2本目は『プロメテウス』20:00~22:15
どちらも2D版ですね。
『メリダ~』はもう上映終了間際だったので滑り込みで。
『プロメテウス』は本来8/24から公開なのですが
なんか先行上映というのでやっていたので観てみました。
昨晩は熱帯夜で殆ど眠れなかったから二本目はかなりきつかったですが
なんとか鑑賞。

では1本目から。

『メリダとおそろしの森』2D吹き替え版
メリダ


まずネタバレ無しの感想。
ちょっと評判が良くなかったので期待せず観てみましたが
意外と良かったです。CGの技術的なところはいつものPIXER品質だし
気分よく鑑賞できました。まぁ過去作より飛び抜けていい!ってわけではないですけど
カーズ2あたりよりは全然面白いと思いました。
PIXERの中でも割と万人向けというか誰が観てもそこそこ楽しめる感じ。
しかしそれ故にPIXER特有の拘りも薄まってちょっとドリームワークスっぽいかな?
観て損はなしだと思います。
↓以下ネタバレ含む感想














今回の話はPIXERというよりはディズニーっぽい感じでしたね。
「プリンセスと魔法のキス」「ラプンツェル」といった流れに近い。
キャラデザはかなり癖が強いデフォルメがなされていますが
動いた時の違和感の無さはさすがですね。主人公のメリダは止め絵だと
不気味一歩手前ですが動いてると普通に魅力的に見えます。
今回は今までの作品と違って微妙に「お色気」がある感じですね。
人間に戻った母親が素っ裸とか爆乳の女中とかね。
この爆乳がちょっと良く出来てたので3Dで観たら良かったかなと
後悔したりしなかったりw
劇中で出てくる「鬼火」はもののけ姫の木霊を思い出しますね。
ちょっとジブリリスペクトっぽい部分もちらほらと。
ストーリー的にもそこそこ泣ける要素もあるし
全般的にはとにかく楽しい仕上がりになっているので
飽きずに楽しめました。伏線の張り方が大雑把なので
そういう部分に拘る人にはイマイチなのかもしれませんけど。
キャラは魔女のお婆さんがすごく良かったですね。
プリキュアに出てくるマジョリーナっぽい感じ?
憎めないっていうか全然悪役じゃないですし。
熊(母親)の動きで表現する感じも良かったですね。
ここらへんはもろにディズニーっぽい。ジャングルブックの
ダンスする熊的なノリですね。途中野生化するとこはちょっと恐いかも。
三つ子はウザい役かなと思いましたが後半の活躍ぶりは気持ちいいです。
あとモブですが劇中に登場するマッチョな兵士が割といい味出してます。
飛んでくる矢を手で掴んだりラストでおっぱい女中と仲良くなったりw
そしてエンドロール後にちょっとだけ後日談が入ってるので
最後まで席を立たないように。
それから本編がはじまる前にお約束の短編が今回は二本立てになってまして
(これだけで30分経過するボリューム)こちらもオススメ。
1本目の偽バズはそれほどでもありませんが二本目の「月と少年」が
すごく良い出来でした。ちょっと古くさい表現を最新のCG技術でやると
こうなるのかと感心しました。これに登場するおっさんと爺さんは
ちょっと宮崎ジブリっぽい。オチも良かったです。
夏映画は激戦で早くも消えそうですがまだ観てない人は観ておいたほうが
いいと思いますよ。

メリダとおそろしの森@ぴあ映画生活
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/12 00:12

映画「おおかみこどもの雨と雪」感想

映画「おおかみこどもの雨と雪」感想
おおかみこどもの雨と雪


映画の日に「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞。
事前情報は映画館の予告のみですが
サマーウォーズの細田監督最新作ということで
多少期待しつつ観てみました。

鑑賞直後は正直あまりピンときませんでした。
すごく面白かった!とか感動した!って感じはなくて
でも心のなかに何かが残っている・・・そんな感じ。
でもその何かは時間を置くほどに大きくなっていき
今ではかなりの傑作だと感じています。
以下ネタバレ含む感想。















主人公の花が「おおかみおとこ」と出会い
子どもを産み、育ててやがて別れる。というのが
おおまかなあらすじです。
それらは一貫して淡々と描写され大きな事故や事件は起こりません。
前半では旦那(おおかみおとこ)との死に別れが一番大きいイベントですが
それすら淡々と描かれています。(ただしこのシーンに関しては
ものすごいインパクトがあります。今までのアニメや映画ではありえない
シーン。ここはあえて伏せておきます。)
子育ても極端な誇張は避けて日常レベルでの苦労と喜びに抑えています。
それにもかかわらず2時間飽きさせないってのは凄いと思いました。
ジブリ風と言うよりは「北の国から」の総集編を見ているような感じ。
大河ドラマ的な話なので本当は連ドラとかじゃないと描き切れない部分も
あるんじゃないかと思いますが13年という歳月をうまく二時間に収めています。
教室をパンで撮って時間の流れを表現しているのは上手かった。
背景はCGを多用していますがアニメとしてまったく違和感がなく
美しい表現となっています。

この作品における最大のテーマは母親が持つ根源的な愛情
「無償の愛」というものですね。子供二人を育てるために
すべてを犠牲にした花の生き様を描きそれに対してどう感じるかは
観客に委ねるという手法でしょうか。そのせいかお話的な起伏には乏しい
ですが見終わった時になんとも言えない気持ちになります。
特に最後の台詞。子どもをあそこまで育てた花が雨に対して
「まだ何もしてあげられてない!」と叫ぶシーン。
ここにすべてが集約されている気がしますね。アニメ史に残る名シーンだと思います。
自分は親不孝な人間なのでこういうシーンはグッときますね。
雪が同級生の男の子に秘密を打ち明け「知ってた」と言われるシーンも良かったです。
時間があればもう一回ぐらい観に行きたいですね。

余談
今回チケットを購入する時に「おおかみこども」を「おおかみおとこ」と
いい間違えてしまいましたorz



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
おおかみこどもの雨と雪@ぴあ映画生活
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/08/04 19:24
 | HOME |