2012夏アニメ感想

7月から開始のアニメの感想をざっと。

「じょしらく」
久米田康治原案と言うことでちょっと期待して見ましたが
期待以上に久米田でしたw
ギャグとしてはまんま絶望先生でなおかつキャラはかわいいということで
これは言うことなし。ちょこっとだけ落語トリビア的なとこも好き。
OPとEDも今期では一番良かった。
期待度☆☆☆☆

「TARI TARI」
事前情報無しで見て花咲くいろはっぽいなぁと思ったら
キャラデザが同じでした。
いろはと比べるとキャラの立て方が若干雑な感じもするし
ストーリー展開もやや強引な気もしますが全体のクォリティは
悪くないと思います。教頭先生が攻殻機動隊の少佐に見えて仕方ない・・・
期待度☆☆☆

「ソードアート・オンライン」
アクセル・ワールドと同じ作者なんですねこれ。
内容もMMOが舞台と言うことで被っていますが
こちらはなかなかハードで良いのではないかと思います。
シリアスなテンションを維持できればかなりいいかも。
期待度☆☆☆

「はぐれ勇者の鬼畜美学」
これはちょっといまいちかな。ファンタジー世界と現実世界の融合という感じですが
現実世界がそれほど現実的でないのでそのギャップが楽しめないのは
もったいない気がしますね。
期待度☆

「うぽって!!」
いろんな意味で間違ってる気がしますw
銃の萌え擬人化ということでストーリーにはかなり無理がw
マニア向けのギャグ作品って感じですね。
期待度☆

「もやしもんR」
前作から随分時間をおいての続編ですが絵がだいぶ変わった印象。
原作に近づけたのかな?雰囲気は変わらず楽しめますが
展開はあまり期待できなそうな・・・なんとなく眺めるには良い感じ。
期待度☆☆

「貧乏神が!」
ちょっと「まりあ†ほりっく」に似た感じのギャグアニメ。
主人公二人の性格が悪すぎてちょっと・・・
ギャグとしてもワンパターンになりがちな気がするので
そこらへんで変化付ければ化けるかも。
期待度☆☆

「輪廻のラグランジュ2」
分割二期というやつですが今回は一話から作画が・・・
二期の一話というより普通に続きって感じでした。
展開次第でどうにでもなりそうな感じですが
現時点ではう~ん・・・
期待度☆☆

「トータル・イクリプス」
一話では女の子がロボットに乗って戦闘訓練というIS的な感じかと思いましたが
二話でメインキャラのほとんどが壮絶な殺され方をするというトンデモ展開・・・
と思ったら三話からが本編らしいですね。
メカ描写はかなり秀逸で楽しめると思います。
期待度☆☆☆

「人類は衰退しました」
これはちょっとまだちゃんと見てないので保留。

「ゆるゆり♪♪」
ゆるゆり二期ということで一期のファンなら。
自分はそれほどではなかったのであまり・・・
期待度☆

「この中に一人妹がいる」
定番エロゲ設定という感じでしょうか。
ちょっといまいちかなぁ。
期待度☆

「恋と選挙とチョコレート」
ちょろっとしか見てませんが多分これは
見ないと思います・・・というか積極的に
視聴する材料が無いというべきか。
期待度☆

「夏雪ランデブー」
映画ゴーストや居酒屋ゆうれいの系譜でしょうか。
やや大人の女性向けのロマンスという感じで
なかなか良い出来でした。
原作が女性向け漫画なので男性描写が若干理想的すぎるきらいは
ありますが決して嫌味なレベルではなくむしろ好感が持てます。
ただこの手の話は最終的な展開が予想できるわけで
どこまで展開を捻れるかどうか。
期待度☆☆☆

今期も結構バラエティに富んでいて楽しめそうです。
一押しは「じょしらく」ですかねえ。
一般向けとしては「夏雪ランデブー」もオススメ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/15 15:44

2012春アニメ感想

2012春アニメ感想

4月スタートしたアニメも次々と最終回を迎えています。
今期はなかなか良い作品が多かったのでまとめて感想を。
視聴完走したのは以下の作品
「坂道のアポロン」
「つり球」
「LUPIN the Third ~峰不二子という女」
「モーレツ宇宙海賊」(2クール目)



「坂道のアポロン」
これは非常に出来が良いアニメでした。原作は少女漫画なので
どうかなぁと思っていましたが十分男性でも楽しめると思います。
時代設定は1966年の佐世保でもろに懐かしの青春ドラマという感じでした。
あの時代の空気もよく再現されていましたし演奏シーンはTVアニメとしては
相当高いレベルの描き方だったと思います。
これ見るともうドラマもアニメでやれよって感じになりますね。
アニメファンじゃない人にもオススメできます。
ラストは原作ファンからは若干不満の声も聞かれますが
自分(原作未読)には良かったと思います。


「つり球」
初回見てなんだかよくわからないなぁと思っていましたが
回を追うごとに面白くなっていきました。
特に主人公が釣りを始めてどんどん成長していく感じが
非常に良かったですね。後半は地球規模の事件に発展していく所で
目が離せませんでした。釣り✕青春✕SFというトンデモ組み合わせから
ここまで話を纏めたのは上手かった。
最終回の爽やかなラストシーンも○。


「LUPIN the Third ~峰不二子という女」
原作に近い劇画タッチをアニメでそのまま動かすという試みが面白かった。
ファースト以前の話ということでこれはもう誰が作っても文句言う人いるだろうなという
感じですがよくがんばって挑戦してくれたと思います。
ルパンと次元の馴れ初めや五右衛門の「がぁるふれんど」が聞けて面白かったw
終盤ちょっと説明多すぎてテンポが悪くなってしまったのが惜しい。
今作は深夜に特化したルパンということで評価する。


「モーレツ宇宙海賊」(2クール目)
1話見た時はそうでもなかったけど右肩上がりに面白くなったのがこれ。
自分は5話の電子戦で掴まれましたw
あと21話のネビュラカップも中々良かったですねえ。
終わり方はまだ途中という感じで二期制作を匂わせますが
まさかの劇場版制作決定!
これはぜひ見に行きたいですね。



完走できなかったのは
「アクセル・ワールド」「めだかボックス」「あっちこっち」「さんかれあ」
「謎の彼女X」「夏色キセキ」「這いよれ!ニャル子さん」「ZETMAN」
完走してないので感想もなし(ドヤッ
どれも決して悪くはなかったけれど引っかかるものがなかったのかな・・・

「氷菓」「しろくまカフェ」は視聴継続中。
この二本はまだ終わってないけどかなりオススメ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
アニメ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/02 02:13
 | HOME |