2011年アニメアウォーズ!

激動の2011年もいよいよ終わりということで
おちゃつさんの「2011年アニメアウォーズ!」に参加したいと思います。
今年は公私ともに最低最悪の年でしたが
そんな中でアニメは一時の安らぎを与えてくれました・・・
全体的にはオリジナル作品の躍進が目立ちましたね。

ではサクサクと。

~2011年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 



最優秀作品賞
「魔法少女まどか☆マギカ」
やはり物語の厚みと完成度から考えればこれでしょうか。
魔法少女というジャンルに一石を投じた作品です。
特に終盤の怒涛の展開は見事でした。
恐らく数年は語り継がれる作品だったと思います。

特別賞
「日常」
個人的には今年一番面白かった作品。
シュールギャグに縛られず時には感動すらさせる傑作。
作画や音楽も良かったです。

キャラ部門(男性)
「鏑木・T・虎徹」(TIGER&BUNNY)
アニメの主人公といえば10代が圧倒的多数の中で
子持ちのおじさんが主人公(しかも適度に情けない)というのは
なかなか良かったです。今後の展開(劇場?二期?にも期待。)

キャラ部門(女性)
「相生祐子」(日常)
「9月~」ではなのを選びましたが今回はゆっこで!(ぉぃ
というか日常のキャラはどれも素晴らしいですけどね。
ボケにツッコミに大忙し、見てるだけで楽しいキャラですねゆっこは。

OP部門
「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」(日常)
これはすごく悩みました。今年はかなり豊作だったので・・・
スピーディーかつクォリティの高い動画とあわせて考えると
これになりました。
他には「わが名は小学生@みつどもえ」「コネクト@魔法少女まどか☆マギカ」
「不完全燃焼@神様ドォルズ」「オリオンをなぞる@TIGER&BUNNY」
なども良かった。

ED部門
「Zzz」(日常)
深夜アニメのEDとしての完成度の高さで。
これを見るとさぁ寝るかって感じになりますねw


ちょっと日常推しになってしましましたかね・・・
基本的に笑えて泣ける作品が好きなのでしょうがない。
今年他に面白かったのは
「みつどもえ増量中!」
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」
「花咲くいろは」
「Steins;Gate」
「うさぎドロップ」
「カイジ2」
「Aチャンネル」
「gdgd妖精s」
あたりでしょうか・・・ここらへんはどれも観て損はないと思います。

秋はちょっと不作だったのでまた来年に期待したいところです。
ラノベ系はちょっと食傷気味なのでできればオリジナルで・・・


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アニメ | コメント(1) | トラックバック(7) | 2011/12/30 01:18

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」

ピッコロさんのブログの企画 「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」
に参加してみたいと思います。
ただしこの時期はアナログ停波の影響もあり
結構見ていない作品も多く、ある程度(評価できるぐらいに)
観た作品に限らせて頂きます。
評価する作品は以下のとおり

TIGER&BUNNY
日常
花咲くいろは
逆境無頼カイジ 破戒録篇
STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
異国迷路のクロワーゼ
ゆるゆり
神様ドォルズ
うさぎドロップ
BLOOD C
魔乳秘剣帖

完全に見ていないものもありますが
まぁ評価に影響はないかと。
では個別に評価を・・・


TIGER&BUNNY
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 3
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

総合点 24

斬新な企画の勝利というところでしょうか。
深夜アニメに新しい可能性を示したと思います。
ただ桂絵はやっぱり動かすのは大変だったのか
作画が残念なところが目立ちました。

日常
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

総合点 28

これは面白くて毎週楽しみでした。
ギャグ一辺倒かと思いきやホロリとさせる話を
入れてくるとこもニクイですね。
京アニ作品らしく全体の完成度も高く
音楽も良かったです。

花咲くいろは
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

総合点 23

本筋とそれに関係ない話のバランスがちょっと悪かったように思います。
連続ドラマとしての完成度は悪く有りませんでした。
最終回は賛否両論ですが僕はすっぱり終わって良かったと思いました。

逆境無頼カイジ 破戒録篇
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4

総合点 24

原作が面白い分アニメとしては評価しにくい部分も。
改変部分も気になりました。
が、面白かったのは確かです。

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 5
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4

総合点 26

後半の盛り上がりはかなり良かったです。
しかし前半部分が結構だらだら長かったのがマイナス。
しかしそこらへんを端折ると後半に繋がらないジレンマという・・・
長編が苦手な自分としてはちょっと厳しかったかな。
でも間違いなく良作だったと思います。

異国迷路のクロワーゼ
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3

総合点 19

雰囲気は非常に良かったけどもう少し文化的な差異に
重点をおいても良かった気がします。
話としてもやや盛り上がりに欠けた感も。

ゆるゆり
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3

総合点 17

百合萌えに特化しているもあまり属性がない自分には
やや向いていなかったように思います。
割とよくできて入ると思うのですが・・・

神様ドォルズ
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 3

総合点 21

設定とかは悪くないのですが主人公のキャラがいまひとつ。
OPとEDは良かった。

うさぎドロップ
ストーリー 5
キャラクター性 4
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

総合点 26

やや女性視点が強いとはいえ、やはりこの手のネタは面白い。
子役に声優ではなくリアル子供俳優を使ったのも
うまくいってたと思います。
正直結構泣かされましたw

BLOOD C
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3

総合点 18

CLAMPらしさはよく出ていたものの
作画も今ひとつでちょっと乗りきれませんでした。
愛すべき登場人物が一人もいないというのもね・・・
題材から考えれば当たり前なんですが。

魔乳秘剣帖
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3

総合点 19

意外と面白かったんですがw
ギャグとシリアスのバランスが悪かったように感じました。
個人的には全編ギャグでも良かったかな・・・
ちょっと惜しい作品。


ベストキャラクター賞

「日常」東雲なの

ゆっことなので悩みましたがロボ萌えなので・・・
中盤の高校転入の話が好きでした。

ベストOP・ED賞

OP「日常」後期OP「ヒャダインのじょーじょーゆーじょー」

ED「TIGER&BUNNY」前記ED 「星のすみか」

ベスト声優賞
男性 平田広明(ワイルドタイガー)
女性 相沢舞 (長野原みお)

平田さんの「おじさん」演技が良かったです。
相沢さんは声が枯れるほどの熱演が良かったw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
アニメ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/12/26 15:17

映画『けいおん!』感想

映画『けいおん!』感想
パンフ

さて12/3公開の劇場版けいおん!早速観て参りました。
今回もハルヒと同じく市川TOHOの初日初回です。
初回といっても前夜に先行公開(AM1:30~)していますが・・・
そのせいか入りはそれほどでもありませんでした。(7割程度)
ハルヒと比べると公開劇場数もかなり多いので満席というのも
そうそうなさそうです。(都内新宿等除く)
客層は当たり前と言うかなんというか
男ばっかりでしたね。
あとは親子連れが少々という感じで(ハルヒと比較して)カップル率は低め。
女子高生のグループがちらほらいたのが救いでしょうかw

まずはネタバレ無しの感想から。
いや~最高でしたね!
けいおんファン、1期~2期全ての話(番外編含む)を見た人なら
確実に楽しめる作品になってると思います。あとTVアニメ時にカットされた原作ネタも
ちょっと組み込んであるので原作ファンも。
逆に言うとこの映画で初めてけいおんを見る人が楽しめるのかどうかは
保証しかねますね。
事前に全話レンタルででも視聴することをお勧めします。


以下ネタバレあるかもな感想。














今回の話はクレしんやドラえもんみたいな「劇場用の特別編」ではなく
TVアニメ本編と密接にリンクしています。
時間軸的には2期ラスト付近、大学合格後~卒業式の間の話になっています。
CM等ではロンドン旅行がメインのように見えますが
実際はその部分の描写はそれほど長くなく、その前後の出来事に
比重が置かれているように感じました。
そしてそれこそが「ファンが見たかった話」であったように思いましたね。
TVアニメ最終回のアレがどうやって作られていつ練習したかは
視聴者の想像によるしか無かったわけですがファンとしてはまさに
その部分が見たかったわけで、それを今回の劇場版で映像化してくれた
監督・スタッフには感謝するのみです。
最終回のアレで泣いた人なら確実に劇場版の終盤は泣けますね。
また前半の「いつものけいおん」らしいコミカルな描写も良かった。
キャラ的に唯と梓の描写がもっとも多いですが
もちろんそれ以外のキャラにも見せ場はあるのでご安心を。
また2期で際立ったクラスメイトの描写もきっちり入っていて
満足度120%です。
個人的に好きなシーンはラスト付近の屋上ですかね。
映像的にはたいしたことはないのだけれど
それがものすごく魅力的な描写になってるのは
女性監督の力でしょうか。
日常の何気ないシーンにこそ感動が潜んでいることは
TVシリーズのメインテーマでもあるわけで
それは劇場版でもブレませんでした。
本当にちょっとした部分に細かい描写を詰め込んでいる作品ですので
たぶん2度3度見るたびに新しい発見ができそうです。
とにかくTVのけいおん!が面白いと思った人なら観に行って損なしの出来栄えでした。

そうそう、入場特典のポストカードですが(今回は律ver)
映画を観る前はなんでこんなものにしたのかな?と思いましたが
映画を観ると意味がわかって全部集めたくなる仕掛けとなっておりますw
う~ん、うまいなぁ・・・


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
映画 けいおん!@ぴあ映画生活
アニメ | コメント(2) | トラックバック(7) | 2011/12/03 19:47

懲りずにK10stat

前回K10statでブルスクを食らってしまいましたが
設定を変えたところ安定したようです。
前回は
省電力
P2の1.8Gで0.875vというのが低すぎたらしいので
今回は
安定設定
これぐらいに緩めました。
本当は各クロックでどこまで下げられるか
設定を詰めていくのですが
ちょっと時間がかかりそうなので
これぐらいで使っていこうと思います。
とりあえず録画中に落ちなくて良かった・・・
PhenomⅡの方は3.6Gまで上げてる割に安定しています。
やっぱりBEの方が耐性が高いのかな?

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
自作PC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/01 01:17
 | HOME |