スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『フォーガットン』感想

★★

遅ればせながらDVDにて鑑賞。
映画系の掲示板などを見てまわるうちにある言葉が目につきました。

「ズバコーン」

どうも色々調べてみるとトンデモ系のオチを指す言葉であり
それがこの作品らしい、ということがわかり
そのうち観てみようかな・・・と思いつつ
なかなか鑑賞の機会がありませんでしたが
遂に借りてみました。
以下ネタバレあり感想。















うん、久しぶりにハズレでしたねw
公開当時、というよりもっと昔(若い頃)に観てたらもうちょっと
違う印象だったのかもしれませんが。
ちょうどしばらく前に見た「運命のボタン」に近い印象かなぁ?
・主人公の日常に対する微妙な違和感
・人間の理解を超越した存在
・その存在に従属もしくは協力する政府組織
・その存在は結局謎に包まれたまま終わる
もうね、このパターン飽きた。
って感じですかねぇ。いや、4年前の映画だからむしろ元祖なのかも
しれませんけど。
とにかく「得体のしれない存在」ってのが嫌。
こういうのって便利すぎるというか話作りの上で禁じ手とも言っていいんじゃないでしょうか。
何でもありになっちゃいますからねぇ。
いっそのこと宇宙人でも未来人でも秘密組織でもいいからハッキリとした
オチが欲しかった。
この作品で多分描きたかったであろう「母子の絆」は別にこういう形で
描く必要あるのか?と。
主演のジュリアン・ムーアの演技の賜物か、最後まで観客の興味を失わせない
引っ張り方は見事ですがそれがかえってあのオチに不満が噴出する結果に
なるのは皮肉なことです・・・。
謎を解明しないで終わる、というとXファイルとか近いのでしょうか?
個人的にはあのシリーズはあまり好きじゃないのであれが好きな人だったら
楽しめそうな気がします。
あと女性が主役だけあって女性の方のほうが楽しめるかもしれませんね。
自分としてはつまらなくはないが納得できない映画でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
フォーガットン@ぴあ映画生活
スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/30 23:54
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。