スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『魔法使いの弟子』感想

魔法使いの弟子
★★(2.5/5)
本日はシネマズデイということで「魔法使いの弟子」を鑑賞。
以下感想・・・の前に
この映画はエンドロール後に1カットありますので
ロール中に席を立たないこと!
それほど重要なシーンではありませんがこういうの見逃すと
悔しいですからねぇ。
では以下ネタバレあるかも?な感想。
















「魔法使いの弟子」と言えばディズニーの名作「ファンタジア」でミッキーが演じた
一篇ですが、この作品は一応それを「原作」としています。が
内容的にはほぼ無関係です。
一応似たシーン(弟子が魔法で掃除する)はありますが
正直あまり出来がいいとは・・・
ストーリーは現代を舞台にした魔法使いの戦いといったとこで
「パーシージャクソン」とかに近い印象。(実はPJまだ観てないんですが)
正直あまり面白い話でもないのですがテンポが良いのでそれなりに見れます。
個人的にはもうちょっとギャグシーン多めのが良かったんじゃないかと
思いました。(ファミリー向けなら特に)
今回は日本語吹き替えで観たのですが・・・
とにかく主人公がヘタレすぎてイライラします。
吹き替えが下手というよりヘタレ加減を強調し過ぎで鼻につく感じといいましょうか。
実はこの主人公ジェイ・バルチェルは「ヒックとドラゴン」でヒックの声を当てている
俳優でもあります。アメリカではヘタレ演技に定評があるようですが・・・
たぶん字幕版で観たらもうちょっと違う印象になるのではないでしょうか。

それに対してニコラス・ケイジは非常に良かったですね。
魔法使いの師匠役を好演しています。
ただ彼が魔法で戦うシーンはなんというか・・・
刑事モノアクションにしか見えないのは
いいんだか悪いんだかw
悪役のアルフレッド・モリーナもうまくハマっています。
ラスボスはちょっと物足りないというかもう一工夫欲しかったですが・・・
魔法のシーンはCGでは何をやっても驚きはありませんが
それなりに工夫されています。
魔法使いの戦いがドラゴンボールっぽいのはさておき
敵の小島よしお似の魔法使いはもうちょっとうまく使って欲しかったですね。
あと主人公の友人なんかももっと活躍させてほしかったかな。
結構キャラが立ってたのでもったいない。
そういえば中華街で出てきた中国人の魔法使い?がかっこよかったですねえw
ラストはディズニー的なハッピーエンドですがちょっと続編を匂わせる?終わり方です。

映画というよりはTVシリーズとかでもっときちんとキャラクター描写に
時間を掛けたほうが面白かったんじゃないかなと思いました。

そうそう、「魔法にかけられて」からのディズニーの伝統なのか?
序盤で大量のゴキ◯リシーンがございますので
嫌いな方はご注意をw

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
魔法使いの弟子@ぴあ映画生活


スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/15 01:13
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。