スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

2010夏 深夜アニメ

アニメ放送の入れ替わり時期ということでいくつか見たものをレビュー。
今期は夏らしくやたらホラーが台頭している感じですが・・・さて?

まずはオカルトホラー系アニメ3本

「世紀末オカルト学院」テレビ東京月曜24:30~
「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」千葉テレビ水曜25:30~
「屍鬼」フジテレビ木曜25:15~


「世紀末オカルト学園」
オカルト学園木津千里さん?

悪魔召喚、ゾンビ、未来人、UFO、モスマン・・・etc
所謂オカルト要素のごった煮イメージ。「ムー」系とでも言いましょうか・・・
水曜スペシャルにシニカルな笑いを加えて若干コメディータッチに仕上がっています。
シリアス部分を削った「化物語」って感じでしょうか。
作画・動画レベルも高く良好です。
肩の力を抜いて見れますね。
また物語の着地点がまったく予想できないところも良いでしょう。
ラストにシルエットながらチ◯コ画像を入れたスタッフの勇気に拍手w


「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」
学園黙示録タイトルそのまんま

非常にオーソドックスなゾンビホラーアニメでした。
設定としては映画「ゾンビ」や「バイオハザード」的な世界で舞台は日本の高校です。
噛まれると短時間で死に至りゾンビとして復活、
動きは昔ながらのノロノロタイプ。
倒すには頭部を破壊するしか無い。
最近ではスピリッツ連載の「アイアムアヒーロー」でも同種のテーマで
描かれています。(こちらは動きが速いゾンビですが)
一話を見た限りでは変に捻った設定もなく
それゆえに純粋にパニックホラーとしてよく出来ているように思えました。
古典的な安定感のある作品。
今後は生き残った主人公らのサバイバルになるでしょうが
このレベルなら期待できるでしょう。
グロ描写の他に結構エロ描写も入っていて深夜アニメらしい仕上がりでした。


「屍鬼」
屍鬼1山村で起こる連続怪死事件

ノイタミナ枠ということで若干期待して観ましたが・・・
藤崎竜のキャラデザが個人的にはあまり受け付けない。
また内容に対して合ってるとも思えない・・・。
が、話としては3本の中で一番「恐い」感じではあり
展開にも期待が持てますね。
ヒロインと思われたキャラが一話で死亡というのも意外でした。
とりあえず5話くらいは様子見というところでしょうか。


3本ともホラーアニメですがそれぞれ味付けが違うので
楽しめました。この夏は涼しく?過ごせるかもw
涼しいのを通り越して寒くならなければ良いのですが・・・

他には「オオカミさんと七人の仲間たち」を見てみましたが
「とある科学の超電磁砲」のシリアス抜きって感じでしたねえ。
いや、こういうユルユルなのは好きですけど。
ドラマ「もやしもん」は前にやったアニメの実写化ですが
加藤夏希のエロいコスが見所w
あと笑い飯が思ったよりいい味出してました。
思ったほど悪くない印象ですがアニメの出来が良かったのに
実写化する意味は・・・?
「けいおん!!」は2クール目突入ということで
OP/ED変更でますます乗ってますね。二期はどの回も面白くて
さすがに人気が高いだけはあります。
ラストまでこのテンションで続けてほしいですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
アニメ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2010/07/09 15:53
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。