スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『借りぐらしのアリエッティ」感想

アリエッティ★★★

スタジオジブリ最新作「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。
ポニョの時はTVで観て映画館で観たかったなぁと後悔。
予告編ではなかなか面白くなりそうな感じで
ちょっと期待していたのですが・・・
以下ネタバレあるかもな感想。
















終わった直後の正直な感想は
「え、これでおわりなの???」
でした。
なんかTVシリーズ初回の2時間スペシャルみたいな。
これから面白くなるんでしょ・・・ってとこで終わってしまった感じ。
小人の暮らしぶりとか人間との出会いとか
ものすごく良かったんだけれども
起承転結の承転が抜けて起結で終わったような・・・
題材としてあまり映画向きじゃないというか
短編としての魅力に欠けると思いました。
たとえばTVのファミリー劇場(古っ)でやればかなり良かったんじゃないかと。

小人を題材にしたアニメは結構古くからあって
「冒険コロボックル(原題:だれも知らない小さな国)」や「ミクロイドS」
TVアニメの傑作とも言われる「とんがり帽子のメモル」とか。
それらと比較すると正直微妙というか物足りない感じがしました。
小人としてのスケール感の表現、例えばお茶をいれるときに
チョロチョロじゃなくて水滴がボトッと出る感じ。そういうのは
良かったけれどもそこらへんの表現は「ティンカー・ベル」でやってたし
あちらのが一枚上。(表面張力を利用してメガネのレンズにしたり)
ジブリ的なスピーディーな動きも最初の方だけでしたし
ちょっと期待が大きかったのかもしれません。

例えるなら
毎回今まで食べてこともない料理を出すという評判のレストラン。
今回は何を食わせるかとワクワクして行ったら
出てきたのは豚汁
いやすごくうまい豚汁なんですよ。素材も高級品で
料理の腕前も素晴らしい。
でもそれは「すごくうまい豚汁」でしかないのです・・・
そして豚汁なら「豚汁一筋」でやってる店のほうが多分美味いんじゃないかと。
そんな感じでしょうか。

小人のアリエッティと人間の翔との出会いは非常に良い感じで
描き出されていましたがそのボーイミーツガール要素がちょっと
中途半端というか不発な感じがなんとももどかしい。
これだったら人間側を少女にするとか
もしくは翔とスピラーの出会いと友情を描いたほうが
しっくりくるんじゃないかと思います。
アリエッティと翔の関係をもっと深く描く時間があれば
また違った印象になるかと。

家政婦のハルさんの描写もちょっともったいない。
こういう善人なのか悪人なのかわからない普通の人は
短時間でキャラを立たせなければならない映画においては
魅力が引き出しにくかったかなと。
連続ドラマとかならいいんですけどね。

キャラも魅力的だし世界観も良かったんだけども
時間が短すぎたかな。
N◯KのTVアニメシリーズとかで制作していれば
もっと面白くなったような気がして
ちょっともったいないなぁと思ってしまいました。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
借りぐらしのアリエッティ@ぴあ映画生活

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/07/18 03:13

映画『トイ・ストーリー3』感想

トイ・ストーリー3★★★★
やっと「トイ・ストーリー3」が公開になったので初日で観てきました。
近所の劇場では2D・3D共に吹き替え版のみということで
とりあえず3D版をチョイス。
以下ネタバレありの感想














「トイ・ストーリー」といえばPIXARの長編フルCG映画第一弾であり
その後に作られたCG映画の先駆けであり記念碑的作品です。
今回はその3作目ということで・・・

正直なところあまり期待はしていませんでした。
というのは自分がPIXAR作品に求めるのは常に「新しい物語」であり
旧作の焼き直しではないからです。
実際のところトイ・ストーリー2は面白いとは思うものの
PIXAR作品の中での自分の評価は若干低めです。
そんな感じで見に行きましたが・・・

さすがPIXARというか素晴らしい作品に仕上げてくれました。
17歳になったアンディは家を出ることになり荷物の整理を命じられます。
子供の頃に大量にあったおもちゃもだいぶ数が減りましたが
それでも1・2作目のメインキャラたちは大事に箱にしまってありました。
それらを大学(多分寮でしょうか)に持っていくか、屋根裏に置いていくか
それとも・・・捨てるか。
しばし考えた末にウッディだけ持って行って残りは屋根裏に置いていく事にしました。
しかし手違いからウッディ以外のおもちゃは保育園に寄付されてしまうことに。
果たして彼らの運命は・・・・?

物語の大半はトイ・ストーリーらしいドタバタ活劇という感じで
笑いの入れ方も素晴らしくまさに大人も子供も楽しめる作りになっています。
しかしこの映画のもっとも秀逸なのはラスト5分と言えるでしょう。
アンディがウッディとの別れを決断するシーン。ここが非常に素晴らしい。
元々アンディはウッディとは別れるつもりもなかったわけですが
その瞬間、まるでウッディと意志が通じ合ったというか・・・
ウッディ(玩具)にとって何が幸せなのかを理解し、新しい持ち主へと
手渡すのです。
人は歳をとったら大人になるんじゃなくて
様々な別れを経験するということで大人になるんじゃないかと思っています。
まさにアンディが大人へと変わった瞬間の描写であり
ここでここで泣く「大人の観客」も多かったように思います。
(自分も泣きましたけど)
1・2作目のようなハッピーエンドではありませんが
それでもアンディにとってもおもちゃたちにとっても
良い終わり方だったのではないでしょうか。

劇中での見所
・2作目で子犬だったミニチュアダックスが老犬に
・ボニーのリュックにウォーリーBが
・あの宇宙人はピザプラネット星人らしい
・1作目のUFOキャッチャーが伏線だったとはw
・台詞はないけどトトロのぬいぐるみ登場w
・ケンがパンツ一丁で縛られるシーンが笑えるw
・かりんとうはアメリカにもあるのか?(やっぱりウ◯コと間違われるのか?)
・ケンの手紙が少女変態文字w
1・2作目を見ている人は他にも色々ネタが仕込まれているので
探してみるとよいでしょう。

そうそう、最初に流れるショートムービー「デイ&ナイト」
始まってしばらくはスポンサークレジットかなんかだと思って気がつかなかったw
これも良い出来ですが今までの短編よりやや意味深な感じ。
「新しいもの」とは3D映画の比喩でしょうか・・・?

最後にひとつだけ気になったのは
ロッツォのキャラが2作目のプロスペクターとかなり被ってた事かな。
ここだけはもうちょっと変えて欲しかった。

とりあえず観に行って損なしですがどちらかといえば
2D推奨ですかね。3Dだと目が疲れるし涙が吹きにくいからね・・・

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

トイ・ストーリー3@ぴあ映画生活

映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2010/07/11 00:55

2010夏 深夜アニメ

アニメ放送の入れ替わり時期ということでいくつか見たものをレビュー。
今期は夏らしくやたらホラーが台頭している感じですが・・・さて?

まずはオカルトホラー系アニメ3本

「世紀末オカルト学院」テレビ東京月曜24:30~
「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」千葉テレビ水曜25:30~
「屍鬼」フジテレビ木曜25:15~


「世紀末オカルト学園」
オカルト学園木津千里さん?

悪魔召喚、ゾンビ、未来人、UFO、モスマン・・・etc
所謂オカルト要素のごった煮イメージ。「ムー」系とでも言いましょうか・・・
水曜スペシャルにシニカルな笑いを加えて若干コメディータッチに仕上がっています。
シリアス部分を削った「化物語」って感じでしょうか。
作画・動画レベルも高く良好です。
肩の力を抜いて見れますね。
また物語の着地点がまったく予想できないところも良いでしょう。
ラストにシルエットながらチ◯コ画像を入れたスタッフの勇気に拍手w


「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」
学園黙示録タイトルそのまんま

非常にオーソドックスなゾンビホラーアニメでした。
設定としては映画「ゾンビ」や「バイオハザード」的な世界で舞台は日本の高校です。
噛まれると短時間で死に至りゾンビとして復活、
動きは昔ながらのノロノロタイプ。
倒すには頭部を破壊するしか無い。
最近ではスピリッツ連載の「アイアムアヒーロー」でも同種のテーマで
描かれています。(こちらは動きが速いゾンビですが)
一話を見た限りでは変に捻った設定もなく
それゆえに純粋にパニックホラーとしてよく出来ているように思えました。
古典的な安定感のある作品。
今後は生き残った主人公らのサバイバルになるでしょうが
このレベルなら期待できるでしょう。
グロ描写の他に結構エロ描写も入っていて深夜アニメらしい仕上がりでした。


「屍鬼」
屍鬼1山村で起こる連続怪死事件

ノイタミナ枠ということで若干期待して観ましたが・・・
藤崎竜のキャラデザが個人的にはあまり受け付けない。
また内容に対して合ってるとも思えない・・・。
が、話としては3本の中で一番「恐い」感じではあり
展開にも期待が持てますね。
ヒロインと思われたキャラが一話で死亡というのも意外でした。
とりあえず5話くらいは様子見というところでしょうか。


3本ともホラーアニメですがそれぞれ味付けが違うので
楽しめました。この夏は涼しく?過ごせるかもw
涼しいのを通り越して寒くならなければ良いのですが・・・

他には「オオカミさんと七人の仲間たち」を見てみましたが
「とある科学の超電磁砲」のシリアス抜きって感じでしたねえ。
いや、こういうユルユルなのは好きですけど。
ドラマ「もやしもん」は前にやったアニメの実写化ですが
加藤夏希のエロいコスが見所w
あと笑い飯が思ったよりいい味出してました。
思ったほど悪くない印象ですがアニメの出来が良かったのに
実写化する意味は・・・?
「けいおん!!」は2クール目突入ということで
OP/ED変更でますます乗ってますね。二期はどの回も面白くて
さすがに人気が高いだけはあります。
ラストまでこのテンションで続けてほしいですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村








アニメ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2010/07/09 15:53
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。