スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

DVD『ファンボーイズ』感想

ファンボーイズ★★★

TSUTAYAで「ファンボーイズ」を借りて観た。
店のポップでは「日本未公開」と書いてあったけど
DVD発売直前に都内で小規模公開していたはず。
以下ネタバレありの感想













スターウォーズ第一作をリアルタイムで観た世代としては
終始ニヤニヤしっぱなしだったw
コメディータッチのロードムービーという感じだが
ちょこちょことSWトリビアを入れたりしてマニア心をくすぐられる。
道中でのトレッキー(スター・トレックファン)との対決や
カーク船長が「本人役」で出たりランド・カルリシアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)や
レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)もチョイ役で出演するなど
サービス満点だ。
最後にちょっとホロリとさせつつも一応ハッピーエンドに仕上げている。
まさにSWファンのため「だけ」の映画ですが
コテコテのアメリカンコメディーではないのでライトな日本人ファンでも十分楽しめます。
自分はEP4~6は劇場で観たけれど1~3はDVDで観た程度なんで
あまりまじめなファンではないかも・・・
それでもミレニアム・ファルコン号はSF史上に残る傑作デザインだと思うけれど。
そしてハン・ソロをホモだと言う奴は許しませんw
しかしアメリカのヲタは本当に濃いなぁ・・・




ファンボーイズ@ぴあ映画生活

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/15 22:17

はやぶさ帰還す

6/13夜に小惑星探査機はやぶさが7年ぶりに戻ってきた。
ここのところ良いニュースも無かったんで感動もひとしおという所だろうか。
数々のトラブルに見舞われながらも最後まで諦めなかったスタッフに敬意を表したい。
近年学生の理系離れが言われているがこういうニュースがもっと増えれば
もっと目指す人達も増えていくことだろう。
大気圏突入でバラバラになったはやぶさと横を飛んでいくカプセルに
感動してちょっと泣いてしまった><




ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/15 21:43

すごいマイクロマウス動画

ネットで見かけたマイクロマウスの動画です。
マイクロマウスといえばナムコのマッピーが有名ですが
あれから数十年たった現在、どれほど進化したのか・・・
序盤に迷路を走りまわって解析するところもかなり高速化していますが
解析終了後に最短距離を走り抜けるとこがすごすぎw


動画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/04 10:30

映画『運命のボタン』感想

運命のボタン★★☆

今日は映画の日だが特に観たいものも無く・・・
とりあえず「運命のボタン」の上映が終わりそうなので
一応観ておくかと。予告で何度か観ていたので結末が気になっていた。
原作のリチャード・マシスンは「トワイライトゾーン」のTVシリーズ脚本も
やっており、確か文庫化した時にいくつか読んでいたと思う。
ソッチ系の話は好きだし。
という事でやや期待しつつ鑑賞。
ちなみに観客は自分含めて3人でした・・・・・・

簡単なあらすじ
ある日主人公夫婦が手に入れた謎のボタン
このボタンを押すことにより
・100万$がもらえる。
・そのかわりに自分たちが知らない「誰か」が死ぬ
・押さない場合は何も起こらずボタンは回収される。
・制限時間は24時間
主人公夫婦の決断やいかに?


以下若干ネタバレ感想












予想通りというかトワイライトゾーンっぽい話でした。
ただこの手の話はやっぱり短編でやってこそ生きる気がします。
このネタで2時間近くはやや冗長かと。
もう30分削ればテンポよく観られるんじゃないかな・・・
ただしつまんないと言うことはなかったです。
結果から言えばボタンは押します。(まぁ押さないと話にならないしw)
しかも押すのが割と早くて中盤以降は押したことによって
何が起こるか・・・というのをサスペンスホラー風に描かれています。
で、ラストは主人公夫婦に更なる選択がせまられるわけですが・・・
オチとしては悪くないなと思うのですがそのボタンをもたらしたのが
何者なのか、というのが匂わせる程度ではっきりとしないので
なんかモヤモヤが残ります。「CUBE」「CUBE2」に近い感じかな?
はっきりさせると思いっきり安っぽくなる可能性も高いので
難しいところですが・・・
ラストの選択は所謂「究極の選択」で、できればできればその
2択以外の方法で落として欲しかったかな。
それ以外の選択肢がないならもっと葛藤シーンをきっちり描いたほうが
よかったんじゃないかな。(ボタンのシーンも含めて)

自分だったら押すか?と考えながら見るのは面白かったです。
ちなみに100万$は約1億円ですね。
う~ん・・・押してしまいそうだなぁ・・・・・・

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

運命のボタン@ぴあ映画生活
















映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/02 00:23
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。