スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画『ハート・ロッカー』感想

ハート・ロッカー

★★★
本日はアカデミー賞6部門制覇の「ハート・ロッカー」を鑑賞。
今日は緑が丘TOHOが4周年記念とかで1000円でした。

監督のキャスリン・ビグローはジェームズ・キャメロンと元夫婦で
今回のアカデミー賞では元夫婦対決になりましたが
作品賞含むほとんどを元妻に持っていかれてキャメロン涙目でしょうかw
昔観た「ハートブルー」が結構面白かったのでやや期待して観ましたが・・・
以下ネタバレあるかも?な感想。












う~~~~~~ん・・・正直なところ
あまり面白くはなかったです。
つまらない、というわけでもありませんがストーリー(起承転結)が
殆どないのでどこを観ていいのかわからなくなったという感じ。
戦場の雰囲気とかは割とよく出来ていると思います。特に爆発音や
発砲音はかなり臨場感があるので劇場で観て損はないでしょう。
日本人の自分には戦争はもっとも縁遠く理解しにくいものであり、
ストーリー無しでそれを見せられてもあまりピンとこないというか。
多分アメリカ人が観ればかなり受け取るものが多いだろうなとは理解できるのですが
アメリカ側か敵側か、どのキャラクターに自分の心を置くかわからなかった。
爆発物処理の緊張感はかなりあるが、それ以外の展開や流れがいまひとつかなぁ。
後半主人公が少年の家に行こうとするのもよくわからなかった。
決して難解なタイプの映画ではないけれど心理状況がいまひとつ
自分には伝わりにくかった。
昨年の「ノーカントリー」もそうだけどアカデミー賞取る作品は
あまり肌に合わないのかもしれない。
もちろん駄作ではなく見るべき部分も多いし飽きたりもしなかったけれど
見終わったとこで感じるものがあまりなかったなぁと。
全体的にドライな描写の映画なのでそういうのが好きな人なら。
自分としてはもうちょっとウェットなとこが欲しかったかな。

ハート・ロッカー@ぴあ映画生活

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2010/03/21 02:02
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。